SCORE CARDBACK NUMBER

2年連続のトップ交代、新日は蘇るのか。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2005/06/23 00:00

 トップの首をスゲ替えても澱の溜まった経営体質と風景は変わらない。フロントも幹部レスラーもアントニオ猪木の顔色を窺い過ぎる。新日本のリングは方向性が定まらぬ乱入劇の繰り返しでファンの足が遠のいてしまった。いま創業33年の伝統ある団体に求められているのは、信用と信頼だろうと思う。

 「燃える闘魂」の意向で経営を託された草間政一社長が解任されたのは5月26日の株主総会だった。理由は一連のドーム興行の不振。昨年の藤波辰爾に続くトップの交代劇。新社長に就任したのはロサンゼルス道場の責任者で猪木の娘婿、サイモン・ケリー猪木氏(31)である。もう、失望以外に言葉も出ない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「全証言」ドイツは我が手に。
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ