SCORE CARDBACK NUMBER

川崎と大宮、昇格組の明暗を分けたもの。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2005/11/10 00:00

川崎と大宮、昇格組の明暗を分けたもの。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 試合終了直前、自らが犯したファウルでPKを献上。それが決勝点となって、ウクライナに敗れたのだから、29歳での初代表、箕輪義信にとっては、辛いデビュー戦だったに違いない。

 だが、箕輪に期待されていたのは、DFとしての高さと強さ。相手に競り負けての失点ならともかく、特長を発揮した結果の──しかも不可解な──PKなのだから、下を向く必要はない。

 とにかく、この試合で、箕輪は国際Aマッチ出場「1」を記録した。これは同時に、川崎フロンターレにとっても、初キャップ。川崎はクラブの歴史に、新たな1ページを加えたわけである。物は考えようで、悪夢のファウルさえ、箕輪にとっても、川崎にとっても、その名を全国に知らしめる好機となっただろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

箕輪義信
川崎フロンターレ
大宮アルディージャ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ