SCORE CARDBACK NUMBER

23年目の原点。清原和博の真髄とは。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/08/27 00:00

 8月3日の京セラドームは沸いた。ペナントレースの後半戦のスタートの日、清原和博が一軍に695日ぶりに戻ってきた。前日、「こんな状態で打席に立つのは無理」と今季限りの引退を示唆し、巨人好きの祖父の墓参りをした時、両親に報告を済ませたという。

 「面と向かってはいえないから、おカァを背負って、そこで言うた」とは、いかにも清原らしい言い方である。

 復帰1戦目の打席は空振り三振に終わったが大きな拍手が起きた。「頭の中が真っ白になった」と言ったが、その言葉を聞くのは2度目であった。

 1度目は巨人と初めて日本シリーズを行った'87年の最後の守りについた時。大粒の涙を流し始めた時のことである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

清原和博
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ