NumberEYESBACK NUMBER

“復活”した朝青龍に
引導を渡すのは誰か。 

text by

小林照幸

小林照幸Teruyuki Kobayashi

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/02/12 04:15

“復活”した朝青龍に引導を渡すのは誰か。<Number Web> photograph by JMPA

 「横綱として一回優勝したかった」

 かつてこんな言葉が朝青龍の口から出ていたことがあった。2003年5月場所、横綱昇進2場所目の朝青龍が、2場所ぶり3回目の優勝を決めた後に語ったものだった。そして、先の1月場所。朝青龍は5場所ぶり23回目、歴代単独4位の優勝記録を達成した。横綱として優勝すること実に21回である。

 3場所連続の休場明け、左ひじのケガの回復の遅れ、さらには稽古不足などの周辺材料から、場所前は横審、評論家を含めてメディアは「進退がかかる。前半戦に連敗なら即引退」と半ば決めつけていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

朝青龍

相撲の前後のコラム

ページトップ