SCORE CARDBACK NUMBER

引退危機から鮮やかに復活した朝青龍。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byAFLO

posted2009/02/12 00:00

引退危機から鮮やかに復活した朝青龍。<Number Web> photograph by AFLO

 引退の崖っぷちに立たされた横綱朝青龍が劇的に甦った。3場所連続休場、再起を期すも場所直前の稽古総見で白鵬に惨敗。下位力士にも精彩を欠く相撲に、横審委員や武蔵川理事長からは休場勧告も出されていた。

 前半戦は冷や冷やの連続だった。上体が起き、軽さが目立つ。勝ちを拾う相撲も数番あった。しかし「朝青龍らしさ」は全開だった。鋭い眼光で相手を睨みつける仕切り。稀勢の里戦での、勝負がついた後の強烈なダメ押しビンタ2発。嘉風戦では張り手を浴びた瞬間、怒りの導火線が即点火した。本来、番付下位が上位に張り手を見舞うのは失礼とされているが、嘉風には対抗できる唯一の手段。朝青龍は「顔じゃない」とばかりに反撃したが、首投げがすっぽ抜けて絶体絶命の体勢。無類の反射神経で体を開き、起死回生の突き落としで逆転したが、土俵を飛び出した嘉風に背後からダメを押し、怒りの表情で睨みつけた。控えに戻っても睨み続ける光景は、殺気漂うものだった。常々指摘されていた横綱の品格を無視した行動。翌日、稀勢の里からさらに激しい張り手を食らった白鵬が、大人の冷静な対応をしたのとは雲泥の差だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

朝青龍

相撲の前後のコラム

ページトップ