高校野球 

「最低の日」に仕事をする存在感が報徳学園・小園海斗の非凡さだ。

野ボール横丁

「最低の日」に仕事をする存在感が
報徳学園・小園海斗の非凡さだ。

水の中に落ちた一滴のインクのように、小さなミスは一瞬の間に大きなチャンスに広がった。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/16

なぜ高校球児は応援曲を真似たがる?甲子園の画一化とオリジナル曲の期待。

甲子園の風

なぜ高校球児は応援曲を真似たがる?
甲子園の画一化とオリジナル曲の期待。

プロ球団が熱視線を送る根尾昂や藤原恭大などを擁し、「史上最強軍団」ともいわれる優勝候補・大阪桐蔭。同校を代表するオリジナ… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2018/08/16

甲子園を連覇する学校の共通点は?大阪桐蔭の3投手体制はかなり有力。

酒の肴に野球の記録

甲子園を連覇する学校の共通点は?
大阪桐蔭の3投手体制はかなり有力。

近年の甲子園で、大阪桐蔭という学校は別格になった感がある。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2018/08/16

「島袋洋奨も高2は甲子園で負けた」興南が0-7敗戦から得た教訓とは。

野球善哉

「島袋洋奨も高2は甲子園で負けた」
興南が0-7敗戦から得た教訓とは。

点差ほどに力の差を感じない試合がある。敗れた側の方に勢いがあったのに、いつの間にか、反対側のチームが差をつけて勝っている… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/15

創志学園・西純矢の雄叫びと本性。審判と戦い、知った甲子園の怖さ。

野ボール横丁

創志学園・西純矢の雄叫びと本性。
審判と戦い、知った甲子園の怖さ。

疲労と困惑が入り交じった表情で、初回を投げ終えたときのシーンを振り返った。「ベンチに戻る途中に主審に『(マウンドで)必要… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/15

「普通にやれば、150は出る」金足農・吉田輝星の全力投球宣言。

野ボール横丁

「普通にやれば、150は出る」
金足農・吉田輝星の全力投球宣言。

8回裏、金足農業のエース吉田輝星は、ストレートの「3速ギア」をトップに入れた。「あそこは全開で、3者連続三振を取りに行くく… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/14

フルスイング主義は誤解されてる?常葉大菊川の超攻撃野球の本質。

野球善哉

フルスイング主義は誤解されてる?
常葉大菊川の超攻撃野球の本質。

迷いがない。恐れがない。常葉大菊川のプレーのことだ。この日の第1試合では日南学園を相手に3-0で勝利。試合の中で徹底されて… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/14

筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。松坂世代を追い、渡辺監督に学び。

Number PLAYBACK

筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。
松坂世代を追い、渡辺監督に学び。

筒香嘉智はいつも泰然自若としている。三冠王を目指せると言われても個人的な数字は口にせず「目標はチームが優勝することです」… 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

2018/08/14

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。

野球善哉

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。
佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。

試合後の佐久長聖・藤原弘介監督の言葉が、“北信越対決”の勝者・高岡商の強さを上手く表していた。「本当は自分たちがやらない… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/13

完敗こそすれ、全力投球の充実感アリ。沖学園・石橋幹、1イニング分の成長。

野ボール横丁

完敗こそすれ、全力投球の充実感アリ。
沖学園・石橋幹、1イニング分の成長。

壁を突き抜けた男の表情だった。4回裏、大阪桐蔭の4番・藤原恭大にタイムリー二塁打を打たれたときも、沖学園の先発・石橋幹は笑… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/13

仙台育英、敗れてなお伝わる哲学。須江航監督が導入した規律と数字。

野球善哉

仙台育英、敗れてなお伝わる哲学。
須江航監督が導入した規律と数字。

試合後のインタビュールームの雰囲気から違っていた。2年連続出場となる仙台育英が、初戦となった2回戦で浦和学院に敗れた。昨夏… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/12

二松学舎の1年生山田将義は図太い。「1人だけ違う方向を向くのが捕手」

野ボール横丁

二松学舎の1年生山田将義は図太い。
「1人だけ違う方向を向くのが捕手」

黒目勝ちな目と濃い眉に、意志の強さを感じさせる。二松学舎の正捕手、山田将義は、とても1年生には見えないほど堂々とプレーし… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/12

明石商・田渕翔は笑って夏を終えた。「僕が泣いても仕方ないんで」

野ボール横丁

明石商・田渕翔は笑って夏を終えた。
「僕が泣いても仕方ないんで」

最後のバッターになっても笑っていた。「僕が泣いても仕方ないんで」 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/11

龍谷大平安を苦しめた投球リズム。鳥取城北の「戦術的な遅さ」とは。

野球善哉

龍谷大平安を苦しめた投球リズム。
鳥取城北の「戦術的な遅さ」とは。

古豪を追い詰めながら9回サヨナラ負け。しかし、敗者・鳥取城北の山木博之監督の表情にあったのはあと一歩まで迫った充実感だっ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/11

甲子園に出るための「外人部隊」と呼ばれて。越境入学は是か非か。

草茂みベースボールの道白し

甲子園に出るための「外人部隊」と
呼ばれて。越境入学は是か非か。

夏の甲子園は、今回で第100回という大きな節目を迎えた。大会第3日第4試合では18年ぶりに出場した益田東が常葉大菊川に悔しい逆… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2018/08/11

「10点取られても打ち合いなら」折尾愛真の想定を越えた日大三打線。

野ボール横丁

「10点取られても打ち合いなら」
折尾愛真の想定を越えた日大三打線。

破格の心構えだった。「10点は覚悟していたので」初出場の折尾愛真の1番・長野匠馬は、強打の日大三を相手に迎え、そう思ったと… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/10

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。木更津総合封じの生命線が代償に。

野球善哉

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。
木更津総合封じの生命線が代償に。

試合を決定づける走者一掃のスリーベースが生まれたのは、6回表のことだった。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/10

清原和博、告白の始まり。「人生、どこからおかしくなった……」

Number Ex

清原和博、告白の始まり。
「人生、どこからおかしくなった……」

『Number』誌上で1年間にわたって連載された『清原和博 告白』が単行本となった。清原氏が自らの半生を振り返り、鬱病、薬物依… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

2018/08/09

花巻東と下関国際の高度な情報戦。大胆な守備陣形と貫いたスイング。

野球善哉

花巻東と下関国際の高度な情報戦。
大胆な守備陣形と貫いたスイング。

会心と思った打球がことごとく正面を突く。下関国際打線に立ちはだかったのは花巻東の遊撃手・谷直哉。9回終了時点で、27個のア… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/09

代打で6打数6安打、父は元プロ。横浜高・度会隆輝の「おまじない」。

野ボール横丁

代打で6打数6安打、父は元プロ。
横浜高・度会隆輝の「おまじない」。

成就率100%の「おまじない」だ。「自分ならできるって、気の済むまで言い聞かせてます」 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/08/09

ページトップ