高校野球 

昨夏の最後の打者が再び9回2死で。星稜・知田爽汰の1年越しのヒット。

野球善哉

昨夏の最後の打者が再び9回2死で。
星稜・知田爽汰の1年越しのヒット。

甲子園交流試合4日の第1試合、昨夏の決勝カードとなった星稜vs.履正社のゲームで、まるで昨年のデジャブのようなシーンに遭遇し… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2020/08/15

【追悼 早実の名将・宮井勝成】王貞治「初優勝と血染めのボール」

Sports Graphic Number More

【追悼 早実の名将・宮井勝成】
王貞治「初優勝と血染めのボール」

人に転機があるとすれば、王貞治のそれは早実に入学したことにあった。さらにその3年間でも、いくつかの転機が巡った。今から63… 続きを読む

清水岳志Takeshi Shimizu

2020/08/15

早見和真が語る甲子園の魔法の行方。17歳の違和感と「結局、大好き」。

野ボール横丁

早見和真が語る甲子園の魔法の行方。
17歳の違和感と「結局、大好き」。

「ある日、ランニングから戻ってくると、外野の芝生のところで一般生徒が野球部のために人文字をつくらされていました。それを上… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/14

甲子園がないことは本当に不幸か。早見和真「高校生はバカじゃない」

野ボール横丁

甲子園がないことは本当に不幸か。
早見和真「高校生はバカじゃない」

「選手たちの中には、甲子園のプレッシャーから解放されたからか『こんなに野球が楽しいと思ったのは小学生のとき以来』という選… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/14

早見和真は今も甲子園の夢を見る。「たぶん高校野球を恨んでいた」

野ボール横丁

早見和真は今も甲子園の夢を見る。
「たぶん高校野球を恨んでいた」

「どうして大事なデビュー作の題材に高校野球を選んだかというと、すごく個人的な話なのですが、たぶん高校野球を恨んでいたから… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/14

<劇的一敗の研究>大逆転のちサヨナラ押し出し。帝京 vs. 智弁和歌山 2006

Sports Graphic Number Special

<劇的一敗の研究>
大逆転のちサヨナラ押し出し。
帝京 vs. 智弁和歌山 2006

両チーム合計29安打25得点、7本塁打が飛び交った超乱打戦。今も甲子園の「名勝負」として語られる2006年夏の準々決勝、帝京対智… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

有料

2020/08/14

甲子園でもらったウイニングボール。牛島和彦と仁村徹、いまも続く友情。

草茂みベースボールの道白し

甲子園でもらったウイニングボール。
牛島和彦と仁村徹、いまも続く友情。

脳裏に刻まれた誇り高き敗者は1979年、第61回大会の上尾(埼玉)である。昭和でいえば54年。深紅の優勝旗は箕島(和歌山)が春の… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2020/08/13

PL、大阪桐蔭を上回る横綱は……。戦後昭和&平成以降の甲子園番付。

酒の肴に野球の記録

PL、大阪桐蔭を上回る横綱は……。
戦後昭和&平成以降の甲子園番付。

今回は「戦後昭和」と「平成以降」に分けて、甲子園での勝利数で番付を作ることにした。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2020/08/13

あさのあつこが甲子園に思うこと。「人間教育って、怖いですよね」

野ボール横丁

あさのあつこが甲子園に思うこと。
「人間教育って、怖いですよね」

「今後こうした不測の事態が起きた時のために、何ができたかではなく、何ができなかったのかをしっかり検証して欲しい。それが甲… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/13

あさのあつこが語る甲子園への愛憎。書く原動力であり、アンチでもある。

野ボール横丁

あさのあつこが語る甲子園への愛憎。
書く原動力であり、アンチでもある。

「どちらかというとアンチですよね。必死にがんばって甲子園に行きました、みたいなドラマは書けないかもしれません」 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/13

<劇的一敗の研究>屈辱の2ランスクイズ。近江 vs. 金足農 2018

Sports Graphic Number Special

<劇的一敗の研究>
屈辱の2ランスクイズ。
近江 vs. 金足農 2018

有馬諒は近江の捕手として、春夏の甲子園で3回も負けている「幸せ者」である。しかも、そのうち2回はサヨナラ負け。いずれも見る… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

有料

2020/08/13

3ボールで強振の「出たとこ勝負」。佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。

野ボール横丁

3ボールで強振の「出たとこ勝負」。
佐々木誠と鹿児島城西の異色な潔さ。

1回表の攻撃に「佐々木誠野球」が凝縮されていた。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/12

世代最強エース高橋宏斗が燃えた、智弁4番・前川右京との格別な4打席。

野球善哉

世代最強エース高橋宏斗が燃えた、
智弁4番・前川右京との格別な4打席。

甲子園高校野球交流試合・第3日目の第1試合、甲子園常連校同士の対決となった中京大中京vs.智弁学園は、世代最強エースの中京大… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2020/08/12

『バトルスタディーズ』の原点。作者が語る、あの夏とPL学園。

Number Ex

『バトルスタディーズ』の原点。
作者が語る、あの夏とPL学園。

「最初の1~2年はめっちゃ怖かったです。OB関係者みんながじっと静観しているのがわかりましたから。みんなPLのこと大事に思って… 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

2020/08/12

<求道者の回想>前田智徳「努力が足りねえ!」

Sports Graphic Number Special

<求道者の回想>
前田智徳「努力が足りねえ!」

「敗れたり――それが、甲子園最後の試合が終わったときの、僕の率直な心境です。ただ、3年間、一途に野球をやってきた。春から… 続きを読む

赤坂英一Eiichi Akasaka

有料

2020/08/12

柳田悠岐を彷彿とさせる注目の大器。Y校復活へ投打で鍵を握る笹川吉康。

令和の野球探訪

柳田悠岐を彷彿とさせる注目の大器。
Y校復活へ投打で鍵を握る笹川吉康。

笹川吉康。2度の準優勝を飾るなど甲子園出場16回の伝統校・横浜商「通称Y校」が新たに産み出そうとしているスター候補は、柳田悠… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2020/08/12

緊張はないが、未知の自分とも……。平田・古川投手と「静かな甲子園」。

野ボール横丁

緊張はないが、未知の自分とも……。
平田・古川投手と「静かな甲子園」。

例年より静かな甲子園は、今の自分を知ることはできても、未知の自分と出会うことは難しいのかもしれない。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/11

3年生の起用か、2年生の経験か。天理と広島新庄の別れた判断。

野球善哉

3年生の起用か、2年生の経験か。
天理と広島新庄の別れた判断。

各地で開催されている独自大会を含めて、今年の高校野球シーンには「3年生のための大会」という空気が漂っている。最後の夏を奪… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2020/08/11

23年前の甲子園で投げ合った石川雅規と和田毅の“負け方”。

SCORE CARD

23年前の甲子園で投げ合った
石川雅規と和田毅の“負け方”。

秋田商と島根の浜田が夏の甲子園の1回戦で対戦した。上背のない3年生エースと細身の2年生エース、2人のサウスポーが投げ合う。ス… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

2020/08/11

明徳義塾・馬淵監督の勝利への執念。逆転サヨナラ“ベスト布陣とトンボ”。

野ボール横丁

明徳義塾・馬淵監督の勝利への執念。
逆転サヨナラ“ベスト布陣とトンボ”。

高知の独自大会は3年生を優先的に使ったが、この日は2年生ショートの米崎薫暉(くんが)を復帰させ、ベストの布陣を組んだ。「交… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2020/08/10

ページトップ