記事に戻る

青学大関係者「あの時点で、駒大は“ない”と思いました」 箱根駅伝も“駒大vs.青学大”の2強対決が有力だが…不気味な1校の存在

全日本大学駅伝。7区で並走する駒大の田澤廉(3年)と青学大の近藤幸太郎(3年) / photograph by JIJI PRESS 駒大が、青学大との激戦を制し連覇。1位でゴールする駒大のアンカー・花尾恭輔(2年) ©Yuki Suenaga 順天堂大2区の三浦龍司(2年)。11位でタスキを受け、10人抜きでトップに。区間賞の走りを見せた ©Yuki Suenaga トップで最終8区へタスキをつないだ駒大・田澤廉(3年)。7区のトップで走り出したのは東京国際大で、19秒差で順大、1分以上開いて明大、駒大、青学大が続いていた ©Nanae Suzuki 田澤から18秒遅れ、区間2位の走りを見せた近藤幸太郎(3年) ©Nanae Suzuki 3区で先頭に立つ東京国際大のヴィンセント(3年)を見詰める早大の中谷雄飛(4年)と順大の伊豫田達弥(3年) ©JIJI PRESS ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga ©Nanae Suzuki ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga

順天堂大2区の三浦龍司(2年)。11位でタスキを受け、10人抜きでトップに。区間賞の走りを見せた ©Yuki Suenaga

全日本大学駅伝。7区で並走する駒大の田澤廉(3年)と青学大の近藤幸太郎(3年) / photograph by JIJI PRESS 駒大が、青学大との激戦を制し連覇。1位でゴールする駒大のアンカー・花尾恭輔(2年) ©Yuki Suenaga 順天堂大2区の三浦龍司(2年)。11位でタスキを受け、10人抜きでトップに。区間賞の走りを見せた ©Yuki Suenaga トップで最終8区へタスキをつないだ駒大・田澤廉(3年)。7区のトップで走り出したのは東京国際大で、19秒差で順大、1分以上開いて明大、駒大、青学大が続いていた ©Nanae Suzuki 田澤から18秒遅れ、区間2位の走りを見せた近藤幸太郎(3年) ©Nanae Suzuki 3区で先頭に立つ東京国際大のヴィンセント(3年)を見詰める早大の中谷雄飛(4年)と順大の伊豫田達弥(3年) ©JIJI PRESS ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga ©Nanae Suzuki ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga ©Yuki Suenaga

ページトップ