ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

日本ハムに小笠原道大が戻ってくる。
再会した広報が思い出した威圧感。

posted2019/10/15 19:00

 
日本ハムに小笠原道大が戻ってくる。再会した広報が思い出した威圧感。<Number Web> photograph by Kyodo News

10日の会見で栗山英樹監督(左)と握手する小笠原道大新ヘッド兼打撃コーチコーチ。14年ぶりとなる復帰で「恩返し」を誓う。

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 弛緩していた失意のオフに突如、圧倒的な緊張感に包まれる1日が到来した。

 10月10日、札幌市内のホテル。会見場には、ネクタイを締めた報道陣が多数、駆けつけた。通常時よりもフォーマルな装いが、事の重さを象徴している。

 レジェンドOB・小笠原道大のヘッドコーチ兼打撃コーチ就任会見が、開かれた。

 2006年オフに去り、来シーズン14年ぶりにカムバックすることが決まったのである。

 会見前、控え室で進行の打ち合わせをした。川村球団社長、栗山監督と一緒に談笑していた。

「おぉ、よろしく」

 たたずまいからあふれる風格だけではなく、声色も威風堂々である。記憶が甦ってきた。久しぶりの空気、感覚に背筋が伸びた。

駆け出し記者が感じた威圧感。

 思いがけず、来シーズンから同じ看板を背負って仕事をすることになった。

 ここからは、私の思い出話を記す。

 初対面は2004年、北海道日本ハムファイターズが誕生した1年目だった。当時、私はスポーツ紙の担当記者の1人だった。プロ野球記者1年目。まだ20代で、駆け出しのころである。

 名刺を渡したことなど、かろうじて覚えてはいるが、当時の残像は断片的にしか残っていない。良い意味で、強烈な威圧感だったことは印象深かった。

 メーンの担当選手は、その年に入団した新庄剛志氏だった。細かい説明は不要だろうが、奇想天外なアクションを起こす同氏から、記者としてマークを外すことができなかった。

 当時の呼称で表記する。

 新庄氏に密着せざるを得ないため「小笠原さん」の取材に、時間を割くことができなかった。

【次ページ】 一流バットマンの技術。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
小笠原道大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ