Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

<エールの力2019 特別編>
木村沙織「沸き上がる大声援と一緒に戦っていた」

posted2019/08/28 11:00

 
<エールの力2019 特別編>木村沙織「沸き上がる大声援と一緒に戦っていた」<Number Web> photograph by AFLO

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 2017年3月に現役を退いた木村沙織には、声に救われた忘れられない記憶がある。

 表彰台に立ったロンドンの栄光から3年後、コートで奔放に躍動する全日本のエースは精彩を失っていた。なぜだろう。いままでのようにバレーボールに夢中になれない……。

 そんなあるとき、試合会場に来た前主将の竹下佳江に呼び止められた。

「沙織、あなたバレー楽しめてる?」

 心に突き刺さる言葉だった。長年のチームメイトは、主将の重責に縛られ、本来の姿を見失った後輩の変調を見抜いていたのだ。

 木村が噛みしめるように振り返る。

「ロンドン後に主将になりましたが、実は最初は断り続けていました。だって主将なんて一度もやったことないんですから。それでチームのことばかりに頭が向き、純粋に相手との勝負を楽しめなくなっていたんですね。そのことを竹下さんに気づかされて……」

 木村は原点に立ち返った。

「私、もっとバレーを楽しんじゃおう!」

 ひとりで背負い込むのはやめて、素直にベテランやスタッフに頼ろうと思った。個人練習をしたいと思ったら仲間にひと声かけて、一心不乱にアタックを打ち続けた。やがてまた、バレーが楽しい日々が戻ってきた。

追い詰められた宮下遥に伝えたこと。

 竹下の言葉に救われた木村が、今度は声で仲間の背中を後押しする。宮下遥。リオへの切符を懸けた世界最終予選、若きセッターは追いつめられていた。

「この予選を落としたら、リオに行けない。セッターはチームの要なので、遥は大きな不安を感じていたんです。遙にはのびのびプレーしてほしい、私はそう思いました」

 気づいたら、迷わず動く。木村は早朝、宮下が続ける個人練習に顔を出した。

「一緒に、いいかな?」

 以来、ふたりの早朝練習が恒例になった。

 後輩がトスを上げ、主将が打つ。仲間が眠りについているとき、ふたりは数えきれないほどボールをつないだ。そして大会が始まるとき、木村はこう伝えるのを忘れなかった。

「遙、困ったときは全部私に上げていいから」

 全日本はリオへの道を切り拓き、宮下はベストセッターに選ばれた。

大声援に勇気づけられて打ち切れる。

 リオから8カ月後、木村は惜しまれながらコートを去った。引退から2年経っても、バレーをやりたいという気持ちは不思議と沸いてこない。だが、会場やテレビでバレーを見る時間は大好きだ。ファンとしてバレーを見るようになって、わかったことがある。

「現役時代も感じていましたが、ファンの大歓声に本当に励まされていたんだなって思います。弱気になってフェイントに逃げたくなっても、湧き上がる大声援に勇気づけられて打ち切れるときがある。みんなが一緒に戦ってくれるような気になるんです」

 ボールとともに、心と声をつなぐのが木村沙織のバレーボール。これからはファンと一緒に声を枯らして日本のバレーを後押しする。

(Number940号より転載)

関連コラム

ページトップ