Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<白熱座談会>
甲子園史上最強公立高を探せ。
~永野元玄/小野塚康之/かみじょうたけし~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/08/09 07:00

<白熱座談会>甲子園史上最強公立高を探せ。~永野元玄/小野塚康之/かみじょうたけし~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

左から小野塚康之さん、永野元玄さん、かみじょうたけしさん。

大正・昭和・平成で全国を制した松山商業か、阿久悠に「最高試合」と称えられた箕島か、やまびこ打線で高校野球を変えた池田か、がばい旋風を巻き起こした無名校・佐賀北か。公立の魅力を元審判、実況アナ、芸人が語る。

小野塚康之 1980年にNHKに入局して、最初の赴任先が鳥取県でした。県大会の出場校は当時も今も二十数校で、そのほとんどが公立です。公立と私立の違いを意識することは少なくて、夏の甲子園に過去6回出場している倉吉北(鳥取)が「そういえば私立だったな」と、あとで気づく程度。だから「私立が有利で、公立は不利」という単純な色分けは納得できないなあ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4745文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

永野元玄
小野塚康之
かみじょうたけし

高校野球の前後の記事

ページトップ