野ボール横丁BACK NUMBER

代打で6打数6安打、父は元プロ。
横浜高・度会隆輝の「おまじない」。

posted2018/08/09 16:20

 
代打で6打数6安打、父は元プロ。横浜高・度会隆輝の「おまじない」。<Number Web> photograph by Kyodo News

名門横浜高校で1年生にしてベンチ入り、6打数6安打の10割、父は元プロ野球選手。度会隆輝はスターになる資格を持っている。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 成就率100%の「おまじない」だ。

「自分ならできるって、気の済むまで言い聞かせてます」

 横浜の1年生で、「代打の切り札」である度会隆輝(わたらいりゅうき)は試合後、笑顔を絶やさずそう振り返った。中学時代、U15日本代表の3番を任されていたスーパー1年生でもある。

 度会は7回表が終わったところで監督から「(代打の)準備をしておけ」と言われた。素振りをしているとき、ネクストバッターズサークルにいるとき、そして打席に入ってからも「自分ならできる」と呪文のように繰り返した。

「心の中で言ってるつもりなんですけど、声に出ちゃうときもある。代打を任されるようになってから、自然とやるようになってました。今日は全部で25回は言いました。これまででいちばん多かったかもしれません」

 打席は9回表、ツーアウト走者なしの場面で巡って来た。初球をとらえた当たりは、ライト前へきれいに抜けた。

「ウキウキした気持ちで打席に入った。楽しめたから結果が出たんだと思います」

 この夏、これで代打通算成績はなんと6打数6安打。10割である。

プロ選手の父にほめて伸ばされ。

 じつは、度会の父親は、元ヤクルトの度会博文さんだ。度会は3歳のときに3歳上の兄と一緒に遊びで野球を始めた。博文さんは右打ちだったが、度会はそのときから左打ちだったという。

「その頃のことは、うっすらと覚えてます」

 自宅に庭にネットで囲まれた打撃練習用のケージがあり、そこで博文さんにティーバッティングのボールを上げてもらいながら打撃の基礎を磨いた。博文さんの指導方針は基本的に「ほめて伸ばす」だったという。試合で結果を出すと必ず「ナイスバッティング!」と声をかけてくれた。それが嬉しくて、さらに練習に打ち込んだ。

【次ページ】 「おまえらしくやれ」のライン。

1 2 NEXT
度会隆輝
横浜高校
度会博文

高校野球の前後のコラム

ページトップ