Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<世界に認められた2人のスペシャル対談>松山英樹×中嶋常幸「メジャーを勝つために」 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/01/03 10:30

<世界に認められた2人のスペシャル対談>松山英樹×中嶋常幸「メジャーを勝つために」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
日本人初のメジャー制覇に最も近づいたあの日、優勝を逃した松山は涙した。あの涙の理由は何だったのか。
今や限りなく現実的となったメジャー初優勝への鍵は何か。
世界最高峰の景色を知る中嶋と語り尽くした。

――'17年の4大メジャー大会、松山さんはほぼ全てで優勝の可能性があったと思いますが、その中でも特に印象に残っている大会、シーンはありますか。

松山 自分としては全く何も残っていないんです。悔しさしか残っていなくて……。

中嶋 僕も見ている側として、英樹のこの1年というのは、ひと言では表せないな。絶不調で迎えたマスターズも最後は上位に食い込んだし、全米オープンでは(ブルックス・)ケプカが流れを掴んで勝ったけど、青木(功)さんに並ぶ2位タイ(日本人歴代最高)だったし、全英オープンも最終日を5位タイで迎えていい戦いをした。そして全米プロでは最終日のバックナインで首位にいた。残念ながら届かなかったけど、こうやって挙げていけばきりがない。たくさんのいいシーンを見せてくれたね。

 青木さんとジャック・ニクラウスのバルタスロールの死闘(1980年全米オープン)もそうだし、僕の場合は1987年の全米オープン最終日。首位に立った直後に木に当たってロストになったショットとか、メジャー優勝に迫った場面はそれぞれにある。でもシーズンを通して、そういったシーンをこれだけ多く作った選手は今までいなかった。

 ただその中で1つ、僕が見ていて、自分がその立場だったら……と胸が熱くなったのは、全米プロの最終日だね。特に気になったのは、最初の3ホールなんだ。1番でナイスショット、ナイスセカンド、ピンの右横1mくらいにつけて、そのパットが右にフッと外れた。誰もがバーディーだと思ったから「えっ!」となってね。その後3番ホールではピンフラッグにボールが当たって、跳ね返っちゃった。当たらなければ、もっと近い位置だった……。この2つが悔しかった。ピンフラッグに当たった時、どう思っていたの?

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

松山英樹
中嶋常幸

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ