Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<展望レポート>
ルーマニア戦勝利から見えた桜の未来。 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/06/15 06:00

<展望レポート>ルーマニア戦勝利から見えた桜の未来。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

前半12分、ラファエレのキックパスを受け山田が独走トライ。チームに勢いを呼び込んだ。

2019年のW杯プールAで対戦濃厚な東欧の“重厚なる壁”を相手に、ジャパンは「はやさ」「忍耐」に基づく戦術を遂行し、勝利を飾った。この一戦から見えた収穫と課題、そして今後開けていく道筋とは――。

 ひとつのスクラム。おそらくは象徴的な意味でしかない。押せば、次は押される。退いても、こんどはこちらが進む。そういうものだ。

 それでも長い背筋をたわみのない板としながら、なお、かすかに丸みを帯びる赤と白の塊が、雄大な骨格の東ヨーロッパ人と最初に組み合うと「しっかり頼むぞ」なんて手に汗をかいていた。

 人々に喜びを与えるための楽でない旅が始まった。2019年、ワールドカップ(W杯)日本大会の組み分けが決まり、いよいよ敵(アイルランド、スコットランド)と仮想敵(欧州1位および欧州・オセアニアプレーオフ勝者)の輪郭は明らかとされ、熊本に、そのひとつとなるであろうルーマニアを迎えた。世界ランク16位ながら、ことスクラムの威力では最上位の一角をなす。

 開始9分45秒、レフェリーが初めて両国のFWを角突き合うように対峙させた。落ちる。組み直し。あえてボール投入側のルーマニアを主語にすれば、あら押せない。ジャパンのスクラムがあまりにも低いので太い脚をなかなか前へ運べず、ワイン樽の上体はひん曲がった。

 ジャパンの背番号1、山本幸輝は、この場面を次のように語った。

「僕らがしっかり抑えていたのを彼らが崩しにきて落ちた。相当、低い構えを嫌がっていましたね」

 力量を試す前に潰れて、そのままプレーは続行された。

 試合を通して計9度のスクラムはしばしば互いの反則で終わった。少なくとも、押しの帝国、ルーマニアのもくろんだデストロイ、壊滅作戦は不発だった。もちろんジャパンも押したいのだから、あるいは、どちらにも不満は残ったのかもしれない。ただ「ここだけは」という優位性を失ったのは前者だ。「低さ」は通じた。

 前半12分。ワールドクラス(本稿の責任で断言してしまいたい)のトライ狩人、右WTBの山田章仁が、この人らしく、楽しそうにインゴールへ躍り込んだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジェイミー・ジョセフ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ