Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ジャパンカップ・プレビュー>
新時代を切り開く馬は? 

text by

土屋真光

土屋真光Masamitsu Tsuchiya

PROFILE

photograph byPhotoStud

posted2016/11/25 09:00

<ジャパンカップ・プレビュー>新時代を切り開く馬は?<Number Web> photograph by PhotoStud

ゴールドアクター。

混戦模様の古馬中距離戦線から抜け出すのは。ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ。数多の名馬が勝利してきた伝統の国際GIレース、今年の有力馬たちを、誌上徹底解剖する。

 今年のジャパンCは古馬中長距離路線の有力馬が早くからこのレースを目標にし、天皇賞・秋をスキップ、これに天皇賞を使われた組、秋のGIで勝ちを逃した3歳勢が挑むという構図となっている。

 昨年の有馬記念を制した東の横綱ゴールドアクターは、今年は日経賞、天皇賞・春、オールカマーと3戦して、崩れたのは12着となった天皇賞のみ。もとより、3歳時の菊花賞で3着こそあるものの、戦前から一部で距離への不安がささやかれており、ある意味では納得の敗戦だった。その後は宝塚記念を自重し、ジャパンCを目標に調整してきた。秋緒戦のオールカマーではサトノノブレスにクビ差だったが、着差以上に余裕のある勝利だった。同じスクリーンヒーローを父に持つ同世代のモーリスも、5歳秋で天皇賞・秋を制するなどさらなる進化を見せた。府中の2400~2500mは[2-1-0-1-0]と申し分ない。父譲りの成長力で父子制覇を目指す。

 西の横綱は天皇賞・春で菊花賞に続くGI・2勝目を挙げたキタサンブラック。一旦はカレンミロティックに交わされながら、再度内から差し返すという、母の父が短距離馬のサクラバクシンオーという血統とは裏腹な、類まれな勝負根性とスタミナをいかんなく発揮した。続く宝塚記念も、完全に差し馬向きの流れを最後まで粘って3着。秋始動戦の京都大賞典はヤマカツライデンにハナを譲り2番手からの競馬で、単勝1.8倍という断然の人気に応えた。府中の2400mは昨年の日本ダービーで14着と惨敗しているが、当時とは完全に馬が違う。オーナーである北島三郎氏に3度目の美酒を味わわせることができるか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2476文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
ゴールドアクター
キタサンブラック
シュヴァルグラン

競馬の前後の記事

ページトップ