SCORE CARDBACK NUMBER

いま一番の関心は世界ランク。頂点へ向け飛躍する山口茜。~バドミントン女子2位、「1週間でもいいから1位を」~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/08 08:00

いま一番の関心は世界ランク。頂点へ向け飛躍する山口茜。~バドミントン女子2位、「1週間でもいいから1位を」~<Number Web> photograph by AFLO

準決勝、決勝ともに見事な逆転勝利を収めた山口。試合中盤から終盤の粘り強さと集中力が、成長を感じさせた。

 バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルが12月13日から17日までドバイで開催され、女子シングルスで世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)が出場3度目にして初の頂点に輝いた。同種目の日本人の優勝は'15年の奥原希望(今回は負傷により欠場)に続いて2人目だ。

 今大会は年間12戦あるSSで上位8位までに入った選手・ペアのみが出場する最高峰の舞台だ。山口は4選手で争ったグループリーグを2勝1敗で突破すると、準決勝でタイ選手を下し、決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド、世界3位)と対戦。0-2で敗れたグループリーグ第3戦と同様に、身長179cmの相手の力強いスマッシュに苦しんで第1ゲームを落とし、第2ゲームも序盤は0-5と離されたものの、そこから驚異の巻き返しを見せた。このゲームを21-12で取ると、最終ゲームは19-19まで競り合ってから連続ポイントで21-19。1時間34分の熱戦を粘りで制した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

山口茜
シンドゥ・プサルラ
東京五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ