SCORE CARDBACK NUMBER

減り続ける叩き上げ力士とアマ相撲界の因果関係。~相撲名門大学の存在が変えたパワーバランス~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/04/12 08:00

減り続ける叩き上げ力士とアマ相撲界の因果関係。~相撲名門大学の存在が変えたパワーバランス~<Number Web> photograph by KYODO

3月の新弟子検査では受検者46人全員が合格。部屋別では八角部屋に最多の6人が入門した。

 桜のつぼみが膨らむ弥生3月。大阪場所は「就職場所」ともいい、卒業を控えて角界の門を叩く新弟子たちが、前相撲として初土俵を踏む。今場所から、その新弟子検査の体重基準が緩和された。中学卒業見込み受検者に限り、67kgから65kgに下方修正、「2kg分」の門戸が広げられた。また、現行の幕下付け出しのほか、新たに「三段目100枚目格付け出し」制度が施行された。

 従来は23歳未満までとの年齢制限があったが、アマチュア相撲の主要3大会でベスト8の成績を収めた者については、25歳未満まで入門可能となった。制度適用第1号として注目されたのが、東農大出身の小柳と、近大出身の石橋だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

相撲の前後のコラム

ページトップ