Before The GameBACK NUMBER

負けないことを使命として戦う。~ヤンキース、羽生結弦、そして白鵬が共有する負けることへの恐れ~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/04/25 06:00

負けないことを使命として戦う。~ヤンキース、羽生結弦、そして白鵬が共有する負けることへの恐れ~<Number Web> photograph by KYODO

三月場所千秋楽。表彰式後の記者会見でヤジられ涙する横綱白鵬。

「変わって勝ってうれしいんか!」――大相撲三月場所千秋楽。結びの一番での横綱・白鵬の相撲は厳しい批判にさらされた。

 立ち合いで左に変化し、突進した日馬富士がそのまま土俵を割るというあっけない幕切れ。その瞬間、エディオンアリーナ大阪は歓声とも悲鳴ともつかない叫びとため息に包まれた。

 そして表彰式で飛び交った痛烈なヤジと横綱の涙は周知の通りである。


 優勝のかかった大一番で横綱が取るべき相撲だったのか、という論議がある。と、同時にこのときなぜ、白鵬が咄嗟に変わるという判断をしたのか。その心を考えると、敗北への恐怖がみえてくる気がする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 982文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊900号特別編集>羽生世代、最強の証明。
白鵬
羽生結弦
ニューヨーク・ヤンキース

相撲の前後の記事

ページトップ