ゴルフPRESSBACK NUMBER

「スピースの親友」から世界3位へ。
ジャスティン・トーマスの闘志と嫉妬。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2017/12/10 07:00

「スピースの親友」から世界3位へ。ジャスティン・トーマスの闘志と嫉妬。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

全米プロで初のメジャータイトルを手にしたジャスティン・トーマスは、松山英樹や石川遼よりも年下。若い才能は次々と登場している。

2011年にハイスクールを卒業した同期が次々と。

 ライバルの勝利、ライバルの成功を、悔しさを噛み締めながら、あえて見る。悔しい気持ちが接着剤となって、その場面は脳裏にしっかり焼き付けられる。だからこそ、闘志が湧く。そしてその相手は、手が届きそうにない遠い存在ではなく、同じ土俵でしのぎを削ってきた同い年のライバルだ。

「アイツにできたのだから、オレにできないはずがない」

 次こそは、オレがやってやる――トーマス自身もそうやって世界3位まで昇ってきたのだが、トーマスと同じ姿勢でスピースやトーマスを追いかけているジュニア時代からの仲間たちが、昨季から今季にかけてぐんぐん台頭してきていることは、とても興味深い。

 昨季プレーオフシリーズの最終戦、ツアー選手権でトーマスを抑え、米ツアー2勝目を飾ったザンダー・シャウフェレは、その1人。

 そのほかにも、エミリアーノ・グリロ、ダニエル・バーガー、そして大学ゴルフの時代を席巻したパトリック・ロジャーズらは、みなスピースやトーマス同様、2011年にハイスクールを卒業した「クラス・オブ・2011」の同期生だ。

 米ツアーの勢力図が、まるでかつての米ジュニア界のそれの再現になりつつある。その「再現」を誰よりも見事に実行し、仲間たちに手本を示しているリーダーがトーマス。

 彼の強さの根本は、そこに凝縮されていると言っても過言ではない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジャスティン・トーマス
ジョーダン・スピース

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ