ゴルフPRESSBACK NUMBER

「スピースの親友」から世界3位へ。
ジャスティン・トーマスの闘志と嫉妬。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2017/12/10 07:00

「スピースの親友」から世界3位へ。ジャスティン・トーマスの闘志と嫉妬。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

全米プロで初のメジャータイトルを手にしたジャスティン・トーマスは、松山英樹や石川遼よりも年下。若い才能は次々と登場している。

上の世代よりも、ライバルを意識し続けてきた。

 トーマスに敗北を味わわせた勝者の中には、同い年のスピースもいた。もちろん、年上で大柄なジュニアゴルファーもいた。その背後、いやはるか彼方の頭上には、米ツアーのスター選手たち、究極はタイガー・ウッズの存在があったが、トーマスが意識したのは目の前のライバル。

 そのときどき、自分より少しでも上を行く選手、先を走る選手を理想像として眺め、目標に掲げ、湧き上がる闘志をモチベーションに変えていく。それがトーマスの基本姿勢となり、その姿勢は今でも変わらない。

「ジョーダンには強いジェラシーを感じる」

 トーマスより一足早く大学を離れてプロ転向し、2013年から米ツアーに挑み始めたスピースは、その年早々に初優勝を遂げ、翌年はマスターズで優勝争いを演じて惜敗。2015年はマスターズを初制覇し、さらには全米オープンでも優勝して瞬く間にメジャー2勝のスター選手に。プロデビューがスピースより遅かったトーマスは、そんなスピースを必死に追いかけてきた。

 今年の全英オープンでスピースがウイニングパットを沈めたとき、ロイヤル・バークデールの18番グリーンの奥にたたずみ、スピース勝利の瞬間を凝視しているトーマスの姿があった。

「仲間の優勝は心底、祝福しながら眺める。でも、仲間の勝利を見ることは心底、悔しくもある。ジョーダンには強いジェラシーを感じるし、今でも嫉妬している。でも、それが僕のモチベーションになる」

 トーマスが全米プロを制し、メジャー初優勝を遂げたのは、その翌月だった。

【次ページ】 2011年にハイスクールを卒業した同期が次々と。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジャスティン・トーマス
ジョーダン・スピース

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ