オフサイド・トリップBACK NUMBER

自分たちのサッカー後遺症の先へ。
代表の理想を再び語る絶対条件。

posted2016/09/25 11:00

 
自分たちのサッカー後遺症の先へ。代表の理想を再び語る絶対条件。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

日本代表の戦術を語ること自体がトラウマになっているのだとしたら、それはサッカーの楽しみも大きく損なうことになる。

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「自分たちのサッカー」

 このフレーズを目にすると、音楽やファッションと同じように、サッカーを論じるボキャブラリーにも流行り廃りがあることがよくわかる。ほんの2、3年前まではそれこそ毎日のように耳にしていたのに、今ではファンの間でも、口にするのが憚られるような雰囲気さえある。

 だが、これほどもったいないことはない。日本代表の歴史とは、自分たちのサッカーを巡る議論の歴史でもあるからだ。

「フラット3(トルシエ)」、「黄金世代&4バックか3バックか(ジーコ)」、「日本サッカーの日本化(オシム)」、「結果重視のサッカーか攻撃的なサッカーか」(岡田武史)、「自分たちのサッカー(ザッケローニ)」、そして「縦方向に速いサッカーとデュエル(ハリルホジッチ)」。

 もちろん岡田監督時代の「結果重視のサッカーか攻撃的なサッカーか」という議論のように、監督自身の意図を離れて争点が一人歩きしたケースもなくはない。しかし、自分たちはいかなるサッカーを目指すべきか、何を武器に世界と戦うのかという問題意識は、代表を成長させる原動力になる。

 この原則はブラジルであれドイツであれ、なんら変わることはない。

「自分たちのサッカー」がタブーになった理由。

 では、なぜ今のような状況が生まれてしまったのか。主な理由は3つある。

 1つ目は2014年のショックだ。

 W杯ブラジル大会が開幕する前は、「優勝を目指す」、「自分たちのサッカーを貫けば、自ずと結果はついてくるはずだ」と発言する選手が珍しくなかった。

 ところが結果はご承知の通り。ザッケローニ監督率いるチームは、1分け2敗という惨憺たる成績でグループリーグから姿を消している。この瞬間に「自分たちのサッカー」というお題目は、効力を失ってしまった。

【次ページ】 アギーレ解任、ハリルの苦戦が長期的視点を失わせた。

1 2 3 4 5 NEXT
ヴァイッド・ハリルホジッチ
イビチャ・オシム
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ