オリンピックPRESSBACK NUMBER

リオで勝つための課題を洗い出し。
バレー女子、五輪直前のワールドGP。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byBuda Mendes/Getty Images

posted2016/06/23 17:00

リオで勝つための課題を洗い出し。バレー女子、五輪直前のワールドGP。<Number Web> photograph by Buda Mendes/Getty Images

古賀紗理那は現在20歳の若手だが、高校2年だった2013年に代表初招集されてからすでに4年目。その攻撃力はチームに不可欠だ。

古賀・佐藤の間をサーブで狙われ、攻撃に影響が。

 もうひとつの課題がレセプションである。

 OQTでは古賀紗理那がサーブで狙われ、崩された。その結果、古賀の攻撃力を生かすことができずに、古賀の個人成績は出場選手中54位の総得点19にとどまった。ワールドカップ2015での活躍を考えると残念な結果だった。

 OQTで古賀は「左右の間を狙われた」と語っており、試合を見る限りは隣を守るリベロの佐藤あり紗との守備範囲が明確に決まっていないように感じた。ワールドグランプリでも依然、2名の間は相手の標的となっている。

 OQTでは古賀が後衛の際に、リベロ登録ではなかった座安琴希をリリーフレシーバーに起用した。

個々のレシーブ能力は高いが、連携が完成していない。

 ワールドグランプリ第1週のブラジルラウンドでも同じパターンでリベロ2名のほかにレシーバーをベンチ入りさせ、リリーフレシーバーとして起用したが、思うような成果が得られなかった。特にイタリア戦ではリリーフレシーバーで入った丸山亜季とリベロの佐藤が交互にサーブポイントを献上するなど、逆転負けの要因のひとつとなった。丸山も佐藤も個々のレシーブ能力は高い選手だが、古賀を含め、横を守る選手との連係が完成していないためコート内が混乱している印象を受けた。

 何より、オリンピックのような強豪ばかりが集う大会において、相手の高いブロックを見て巧みにスパイクを決める古賀の攻撃力はチームにとって必要不可欠である。

 6月19日のドイツ戦は古賀の活躍もあって3対1で勝利した全日本女子。「古賀はオリンピック予選、今大会含めて今日が一番よかった」と眞鍋政義監督は語る。古賀を固定して起用し、ゾーンディフェンスの精度を高めるなど、そろそろオリンピックへの準備に本腰を入れないと、OQTと同じ結果を招く恐れもあるだろう。

【次ページ】 第2週からはリリーフレシーバー登録がなくなった。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

荒木絵里香
古賀紗理那
佐藤あり紗
宮下遥
丸山亜季
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ