荒木絵里香 

大きすぎる古賀紗理那の不在…狩野舞子が感じるバレー女子代表の“もどかしさ”、次は日韓戦「何が何でも勝つ」という気迫を

バレーボールPRESS

大きすぎる古賀紗理那の不在…狩野舞子が感じるバレー女子代表の“もどかしさ”、次は日韓戦「何が何でも勝つ」という気迫を

7月29日、強豪ブラジルにストレート負けを喫したバレーボール女子日本代表は、3戦を終えて1勝2敗と苦しい状況に追い込まれた。決… 続きを読む

狩野舞子Maiko Kano

バレーボール日本代表

2021/07/30

「こんなオリンピックはもうないですから」逆境こそ財産、高校バレーの名将が渾身エール「アスリートは応援されることに慣れ過ぎている」

オリンピックPRESS

「こんなオリンピックはもうないですから」逆境こそ財産、高校バレーの名将が渾身エール「アスリートは応援されることに慣れ過ぎている」

まるで「スポーツの祭典」が始まるとは思えない空気感の中で、いよいよ東京五輪が開幕する。 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール

2021/07/22

《女子バレー》竹下佳江が分析する中田ジャパン「木村沙織のような絶対的な存在は…」カギは20歳セッターと“3人”の粘り

バレーボールPRESS

《女子バレー》竹下佳江が分析する中田ジャパン「木村沙織のような絶対的な存在は…」カギは20歳セッターと“3人”の粘り

元日本代表セッター中田久美が代表監督に就任し、2017年にチームが始動してから4年。東京五輪を前に、ようやくチームのかたちが… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

バレーボール日本代表

2021/07/21

木村沙織が明かした主将・荒木絵里香との思い出 初対面は中2、間違えて履いた“絵里香さんの靴下”…「嬉し泣きが見たいです」

バレーボールPRESS

木村沙織が明かした主将・荒木絵里香との思い出 初対面は中2、間違えて履いた“絵里香さんの靴下”…「嬉し泣きが見たいです」

間もなく開幕する東京五輪に、荒木絵里香は4度目の出場を果たす。この記録は日本のインドア女子バレーボール選手として、史上2人… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール日本代表

2021/07/19

腹筋すらできないのに…双子の母になった大山加奈が実感する“復帰するアスリート”のスゴさ「絵里香、さくらちゃんを尊敬する」

大山加奈のVolleyball is Life

腹筋すらできないのに…双子の母になった大山加奈が実感する“復帰するアスリート”のスゴさ「絵里香、さくらちゃんを尊敬する」

出産し、二児の母になりました。2586gの長女と2606gの次女。1分差で出てきた双子の我が子の産声を聞いた瞬間、「やっと会えた」… 続きを読む

大山加奈Kana Oyama

バレーボール

2021/06/21

安藤美姫の“出産報道”、千葉すずバッシング…なぜ日本の女性アスリートはスキャンダルの対象になってきたのか?

オリンピックPRESS

安藤美姫の“出産報道”、千葉すずバッシング…なぜ日本の女性アスリートはスキャンダルの対象になってきたのか?

千葉すず、安藤美姫、本橋麻里……男性とくらべると身体面のみならず社会的な境遇においても大きなハンディを抱えながら、女性ア… 続きを読む

近藤正高Masataka Kondo

その他スポーツ

2021/02/28

オリンピック出場3回の荒木絵里香がバレーボール人生最後の1年に賭ける思い

才色健美な挑戦者たち

オリンピック出場3回の荒木絵里香がバレーボール人生最後の1年に賭ける思い

この夏、東京オリンピックを最後に引退するはずだった。大会中に36歳を迎える4度目のオリンピックのはずだった。今頃は我が子と… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

PR

2020/09/16

荒木絵里香が語る「1年」の重み。バレー選手、母としての2つの覚悟。

バレーボールPRESS

荒木絵里香が語る「1年」の重み。
バレー選手、母としての2つの覚悟。

マラソンにたとえるならば、40kmを全力で走り、残すは2.195km。スタート時よりもはるかにくたびれて、息も上がっているけれど、… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール日本代表

2020/06/03

木村沙織の別格の存在感とワクワク。仲間が「勝負の1本」を託した理由。

バレーボールPRESS

木村沙織の別格の存在感とワクワク。
仲間が「勝負の1本」を託した理由。

『Sports Graphic Number』創刊1000号を記念して、NumberWebでも「私にとっての1番」企画を掲載します。今回は長年にバレーボー… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール日本代表

2020/05/23

五輪延期で思い出した東大入試中止。選手が感じるであろう「1年」の重み。

オリンピックPRESS

五輪延期で思い出した東大入試中止。
選手が感じるであろう「1年」の重み。

自分とはなんの関係もないのに妙に気になる出来事がある。これもそうだ。1969年の東京大学の入学試験は中止された。「安田講堂占… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー日本代表

2020/04/02

大山加奈が東京五輪の対戦国を分析。最強セルビア、宿敵・韓国へ対策は?

大山加奈のVolleyball is Life

大山加奈が東京五輪の対戦国を分析。
最強セルビア、宿敵・韓国へ対策は?

今年の1月には世界各国の大陸最終予選が行われ、日本を含めた出場12カ国が決まり、2月には組み合わせが決定しました。今回は東京… 続きを読む

大山加奈Kana Oyama

バレーボール日本代表

2020/03/13

世界を知る女子バレー荒木絵里香がコートで見せる大黒柱としての役割。

バレーボールPRESS

世界を知る女子バレー荒木絵里香が
コートで見せる大黒柱としての役割。

荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)のサーブは何かを起こす。現在開催中のバレーボール女子の世界選手権では、そんな場面が毎… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

バレーボール日本代表

2018/10/17

栗原恵「解雇して下さい」から1年。大好きなバレーで今の100%を。

バレーボールPRESS

栗原恵「解雇して下さい」から1年。
大好きなバレーで今の100%を。

開幕からフル稼働でコートに立つのは、何年ぶりだろうか。「コンディションは相当いいです。でも、なかなかチームの結果が伴わな… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

Vリーグ

2017/11/15

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。アスリートとして、1人の母として。

バレーボールPRESS

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。
アスリートとして、1人の母として。

日に日に大きくなるお腹に手を当てながら、7年後に思いを馳せた。「東京オリンピックの頃、この子は小学生だね」 2013年9月、'2… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

バレーボール日本代表

2017/09/05

春高バレー連覇の下北沢成徳。監督が語る教育、沙織、そして愛。

バレーボールPRESS

春高バレー連覇の下北沢成徳。
監督が語る教育、沙織、そして愛。

「成徳」――。女子バレー界においてその響きは、独特の重みを持つ。ロンドン五輪で全日本女子を銅メダルに導いた木村沙織、荒木… 続きを読む

久保大Masaru Kubo

バレーボール

2017/02/01

竹下佳江が語る五輪バレーの敗因。またプレーしたくは、「なりません」。

リオ五輪PRESS

竹下佳江が語る五輪バレーの敗因。
またプレーしたくは、「なりません」。

8月に開催されたリオデジャネイロ五輪で、バレーボール女子日本代表は5位タイに終わった。予選ラウンドは2勝3敗の4位で辛くも準… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

バレーボール

2016/09/08

4度目の五輪、主将の重圧。木村沙織は何を変えたのか?

Number Ex

4度目の五輪、主将の重圧。
木村沙織は何を変えたのか?

5月のバレーボール女子五輪世界最終予選。大会4日目、宿敵韓国に前夜いいところなく敗れてあとがなくなったバレーボール全日本女… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

バレーボール

2016/07/28

女子バレー代表はなぜこの12人か。世界一を狙うのに必要な4要素とは。

オリンピックPRESS

女子バレー代表はなぜこの12人か。
世界一を狙うのに必要な4要素とは。

リオデジャネイロ五輪に出場するバレーボール女子日本代表の出場内定選手12名が発表された。前回のロンドン五輪で、28年ぶりのメ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

バレーボール

2016/06/29

リオで勝つための課題を洗い出し。バレー女子、五輪直前のワールドGP。

オリンピックPRESS

リオで勝つための課題を洗い出し。
バレー女子、五輪直前のワールドGP。

毎年、世界の強豪28カ国が参加し、戦われるワールドグランプリ。日本は6月19日までにブラジルとアメリカの2カ国を遠征し、計6試… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

バレーボール

2016/06/23

荒木絵里香が飛ぶと、守備が決まる。止めるだけじゃないブロックの効果。

オリンピックPRESS

荒木絵里香が飛ぶと、守備が決まる。
止めるだけじゃないブロックの効果。

ここまで4戦を終え、3勝1敗、勝ち点8の4位で大会終盤を迎える全日本女子チーム。ここまでペルー、カザフスタン、タイに勝利して… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

バレーボール

2016/05/20

ページトップ