ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

世界選抜で“控え”に回された1日。
松山英樹がコース外で気づいたこと。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa/GDO

posted2015/10/14 10:30

世界選抜で“控え”に回された1日。松山英樹がコース外で気づいたこと。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa/GDO

控えに回った2日目、松山英樹は真剣な表情でジェイソン・デイらのプレーに視線を送っていた。

“控え”に回された2日目。

 だからこそ2日目に、出場機会がない4人のうちのひとりに入ったことは驚きと言えた。

 確かに初日にスコットとのコンビで挑んだフォアサム(2人が1つのボールを交互に打ち、相手のペアとホール毎のスコアを競うダブルスマッチプレー)で敗れたが、翌日は個人の力を発揮しやすいフォアボールラウンド。同じチームから2人ずつ、1組4人がそれぞれのボールをプレーし、ホール毎のスコアで争う方式は普段のストロークプレーに近い。

 プライスは「3日目に2試合、36ホールをプレーしてもらう」とオフとした理由を告げたと言うが、本人の胸には悔しさが募ったはずだ。2日目の朝、出場する選手たちがスタートした後、松山は人もまばらなドライビングレンジで、そっと調整を終えた。

他の選手を客観的に観るのはいつ以来だったか。

 しかし午後になってロープ内で他選手の応援に回った松山は、次第にゲームにのめり込んでいった。途中からは自分の通訳を置き去りにして、自らの足で練り歩き、両チームのプレーに目を凝らした。普段同じ舞台で戦っている彼らが、激しく一喜一憂する姿を間近で客観的に観たのは、いつ以来のことだっただろうか。

 そして思った。

「ここにいる連中はハンパじゃない」

 だがこうも思えた。

「そういう連中でもミスはあるんだなと思った。いつも、いつも良いわけではないんだ」

 マッチプレーは極度の緊張感からスーパープレーも生まれるが、一方では目を覆いたくなるようなみすぼらしい失敗もある。たとえ自分が完璧な状態でなくとも、勝利が転がり込んでくることもある。

 松山が感じたもの。それをより鮮明に体現したのは、翌日ベ・サンムンとの抜群のコンビでチームに貢献した3日目よりも、一対一で戦う最終日のシングルマッチプレーだっただろう。

【次ページ】 リードを許した状態で、相手のミスを待つ余裕。

BACK 1 2 3 NEXT
松山英樹
アダム・スコット
ジェイソン・デイ
J.B.ホームズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ