世界陸上PRESSBACK NUMBER

「駅伝には興味がないんですよ」
大迫傑が19歳で見据えていた“世界”。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/22 10:00

「駅伝には興味がないんですよ」大迫傑が19歳で見据えていた“世界”。<Number Web> photograph by AFLO

箱根駅伝にも早稲田のエースとして出場していたが、大迫傑の目はずっとトラック競技を見つめていた。その才能が、いよいよ開花する。

「トラックで世界と勝負したいので」

 いまも忘れられない取材がある。

 大迫が早大1年の秋、所沢にある競走部の合宿所を訪れたとき、目がクリっとした勝ち気な表情の19歳の若者は、こう言い切った。

「駅伝には興味がないんですよ。トラックで世界と勝負したいので」

 面食らった。こんな選手がいるのかと、驚いた。そのときから、大迫はずっとぶれていない。

 大迫にとって、世界陸上は2013年のモスクワ大会につづき2回目の出場となる。このときは10000メートルで21位。北京の世界陸上では、5000メートルで決勝進出を目指す。

 日本から飛び出し、自らを追い込んだ若者が、北京でどんなレースを見せるのか。

 その先には、リオデジャネイロ、そして東京が待っている。

関連記事

BACK 1 2
大迫傑
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ