SCORE CARDBACK NUMBER

代表コンビの解散に見るペアスケーティングの現状。
~日本も苦しむ「絶滅危惧種目」~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/04/18 10:00

代表コンビの解散に見るペアスケーティングの現状。~日本も苦しむ「絶滅危惧種目」~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

最後となった世界選手権は、SPで44.54点の19位。FSには進めず、不完全燃焼に終わった。

 ペアの高橋成美&木原龍一が3月31日に解散を発表した。ソチ五輪出場を目指し結成してから2年。'15年世界選手権で最下位となった直後の発表だった。これにより日本のシニア組は「ゼロ」。なぜ日本でペアが育たないのか。

 実はペアは世界的にも「絶滅危惧種目」である。男性が女性を持ち上げたり投げたりするため怪我の危険性が高く、好相性の相手を見つけるのが難しい。参加者減少のためペア種目を開催しない大会も増え、'15年世界選手権でも規定数に満たない19組が参加した。ちなみに女子シングルは最大の36人の枠が争奪戦状態だ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高橋成美
木原龍一
川口悠子

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ