ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「英樹のゴルフはマスターズ向き」
丸山茂樹が指摘するパターと傾斜。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/08 10:40

「英樹のゴルフはマスターズ向き」丸山茂樹が指摘するパターと傾斜。<Number Web> photograph by AFLO

休養十分でマスターズにやってくる松山英樹。今季は好調を維持し世界ランクも17位。世界的にも、十分にグリーンジャケットに手が届く選手として認識されているのだ。

「ダスティン・ジョンソンじゃないかな……。あとはバッバ・ワトソン、それと、あの新しく出てきたあの選手……(ブルックス)ケプカだっけ?」

 今年のマスターズ開幕直前、丸山茂樹が優勝候補に挙げた3選手には、今シーズン米ツアーで優勝していること以外に、明確な特徴がある。

 彼らはみな、米ツアーが誇る世界屈指の飛ばし屋であるということだ。

 技術と精神力の結晶が極限レベルでぶつかり合う舞台では、“飛ぶこと”はもちろん魅力の一部に過ぎない。

 だが昨年の4大メジャーを制した面々、ワトソン(マスターズ)、マーティン・カイマー(全米オープン)、ローリー・マキロイ(全英オープン、全米プロ)は、その飛距離にアドバンテージがある選手たち。さらに準メジャー扱いの世界選手権シリーズ4戦(WGC)の最新のチャンピオンも、ジェイソン・デイ(マッチプレー選手権)、マキロイ(ブリヂストン招待)、ワトソン(HSBCチャンピオンズ)、ジョンソン(キャデラック選手権)といった名前が並ぶ。

 もはや「300ヤード」は大台でもなんでもない。そんな超ロングヒッターたちが、ドライブの才能をいかんなく発揮する――。紛れもなく最近のメジャーでの戦いにおけるトレンドのひとつである。

丸山茂樹「松山のゴルフはマスターズに向いている」

 それを加味した上で、日本人史上最多の米ツアー3勝を挙げた丸山は言う。松山英樹にもきっと、グリーンジャケットをまとう資格はあるはずだ、と。

「彼のゴルフはすごくマスターズに向いている。4大メジャーの中ではオーガスタが一番合っていると思う」

 松山のドライバーショットの飛距離は、前述の選手たちにはやや劣るのが現状だ。しかし丸山は、松山のショットのある特徴を好意的に認識していた。

「やっぱり『球が高い』というのがいい。アイアンショットが、この何十年の日本人選手の中でずば抜けて上手い」

 丸山自身も含めた、アプローチの巧みさ、ショートゲームの精度で海外の大男たちと渡り合ってきた先人たちとは違う。ロングゲームで真っ向勝負できる強さを、松山は米ツアー2年目の今年も存分に見せつけてきた。

【次ページ】 「英樹のスタッツを見ると、パターだけが悪い」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

丸山茂樹
ダスティン・ジョンソン
バッバ・ワトソン
マーティン・カイマー
ジェイソン・デイ
松山英樹
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ