松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

マスターズ初日は1アンダー18位発進。
松山英樹が語った唯一の後悔とは? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/10 11:30

マスターズ初日は1アンダー18位発進。松山英樹が語った唯一の後悔とは?<Number Web> photograph by AFLO

初日を1アンダーの18位で終え、まずは予選突破に向けていいスタートを切った松山英樹。4度目の出場となるマスターズでも、新参者というよりも上位を争う選手に成長した。

 4月9日。時計の針が午前10時を回ったころ、オーガスタナショナルは、すでに猛暑に見舞われていた。1番ティから選手たちが緊張の面持ちでスタートしていく。ドライバーが白球を弾く打球音が聞こえるたびに、パトロンたちがどよめき、そして拍手が鳴り響く。

 そのとき松山英樹は、1番ティのすぐ後方にある練習グリーンで黙々とショートパットをカップに沈め続けていた。自分が1番ティへ移るタイミングが気になるのだろう。ときどき顔を上げてはティの方に目をやり、再び下を向いてパターを動かす。

 そろそろだな――そう見定めたのだろう。ゴルフバッグの横で待つ進藤大典キャディの方へ近寄った松山は、ようやく汗をぬぐい、飯田光輝トレーナーが常に用意している専用ドリンクをゴクゴク飲んだ。キャップの下から見えた彼の目は鋭かった。

 開幕前日、松山はショットやパットの仕上がり具合もメンタル面の保ち方も「いつも通り」「いつもと一緒」と答えた。

 2週間前に米ツアー会場で尋ねたときも、松山は同じようなことを言っていた。「マスターズも普段の米ツアーの試合の1つという感じでできたらいいけど、なかなかそうはさせてくれない」。そんな彼にとって「いつも通り」と感じられる状況を創出することは、マスターズ開幕前の最大の目標だった。

 そして、日本メディアからあれこれ問われたときも「いつも通りです」ときっぱり言い切れたことは、理想的な準備ができつつあったことを意味していたのだと思う。

少ない口数の中に2度も登場した「後悔」。

 そういう状況だったから、この日の松山のボキャブラリーはきわめて少なかった。だが、少ない語彙の中で「後悔」という言葉を2度も口にしたことが気になった。

「このコースはチャンスホールもあれば、難しいホールもあるけど、1つ1つ無駄のないように、後悔しないようにやっていきたい」

「期待の声は大きいけど、後悔しないようにやっていきたい」

 過去に後悔したことがあるからこそ、今も後悔していることがあるからこそ、その言葉が2度も口をついたのだろう。初出場した2011年はローアマに輝いたものの、'12年は最終日に崩れて悔し涙を流し、'13年は出場できず。'14年は予選落ち。抱いている「後悔」は1つや2つではないはずだ。

【次ページ】 1番ティへの道を歩く姿は、あたかもスターの様。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
マスターズ

ゴルフの前後のコラム

ページトップ