Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<W杯開幕戦主審の視点>
西村雄一「世界はミスを恐れていない」 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2014/09/12 11:00

<W杯開幕戦主審の視点>西村雄一「世界はミスを恐れていない」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto
W杯の激闘を、最も近くで見たのが審判だ。ブラジル大会で開幕戦を裁いた男は、世界と日本の違いをどう捉えているのか。

 W杯ブラジル大会から何を学ぶべきか。

 選手、監督、OB、解説者等の「サッカー関係者」が、意欲的な発言を続けている。

 しかしサッカーには、もう一人のキーマンが存在する。試合を裁く審判である。2大会連続で重責を担った西村雄一氏が、レフェリーだけに見える「世界」を語る。

――西村さんは南アフリカ大会でも笛を吹かれています。今大会におけるサッカーの変化を、どう捉えていますか。

「7月の報告会でもお話ししたように、最初に挙げられるのはカウンターでしょうね。

 私たち審判は、大会の10日ほど前に現地に集合してセミナーを行ないます。

 一つ目の目的は、チームや選手と判定基準を共有して、大会を成功に導くこと。もう一つは90人から成る審判チームの中で、判断基準をできるだけ統一していくことです。

 セミナーでは、カウンターが主流になるだろうという報告がありました。現にブラジルでは、カウンターを採用した多くのチームが結果を残しました。どのチームにも、素晴らしい選手が揃っていましたから」

――南ア大会の時には、セミナーでどのような報告がされていたのですか?

「パスサッカーの大会になると言われていました。当時はスペイン代表が結果を残していましたし、南アの海抜の高さを考えても、パスサッカーが主流になっていくだろうと」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2716文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

西村雄一
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ