SCORE CARDBACK NUMBER

「対抗競技大会」が育む沖縄野球の逞しさ。
~甲子園強豪県へ押し上げた理由~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/04 10:00

「対抗競技大会」が育む沖縄野球の逞しさ。~甲子園強豪県へ押し上げた理由~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「琉球のライアン」こと山城大智を擁する沖縄尚学。競技会での借りを県大会で返せるか。

 都道府県別に見て、'08~'10年までの3年間、高校野球の頂点に立っていたのは沖縄県である。'08年春の沖縄尚学、'10年春・夏の興南と3度の覇権を手にしているのだ。その間の通算成績は20勝4敗、勝率.833と圧倒的。

 '11年以降の甲子園大会は5勝6敗と負け越しているが、'13年の明治神宮大会で沖縄尚学が優勝、翌春の選抜ではその勢いを駆って準々決勝に進出している。その強さは依然として続いていると考えていいだろう。

 沖縄を全国有数の強豪県に押し上げる原動力になっているのが「沖縄県野球部対抗競技大会」だろう。毎年1月に行われ、今年は加盟63校中57校が参加、約1200人の野球部員が各種競技で得点を争うという、全国的にも非常に珍しいイベントである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 584文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<徹底検証 ザックジャパンの敗北> この4年間は間違っていたのか。

関連記事

山城大智
赤嶺謙
沖縄尚学高校

高校野球の前後の記事

ページトップ