SCORE CARDBACK NUMBER

プロのスカウトも期待大、才気あふれる好捕手たち。
~最後の夏、注目すべき高校生~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/07/11 10:00

プロのスカウトも期待大、才気あふれる好捕手たち。~最後の夏、注目すべき高校生~<Number Web> photograph by KYODO

今春選抜で明徳と競り合った、関東一の正捕手・池田瞳夢。その強肩をアピールできるか。

 捕手不足のプロ球団が多い。昨年のドラフト会議で巨人が日本生命の小林誠司を1位指名したのは、正捕手の阿部慎之助に、これまでのような盤石の活躍が期待できないかもしれないと危惧したからである。

 巨人がそうなのだから他球団は推して知るべし。オリックス、楽天、ヤクルト以外は、将来の展望も含めて捕手の補強を考えなければいけない時期にきている。

 各球団をこれまで支えてきた捕手は、谷繁元信(中日)、相川亮二(ヤクルト)、炭谷銀仁朗(西武)、伊藤光(オリックス)と高校卒が少なくない。歴代の名捕手を見ても、野村克也、森祇晶、梨田昌孝、伊東勤、城島健司と高校卒は多い。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

池田瞳夢
栗原陵矢
小野航大
岸田行倫
長壱成

高校野球の前後のコラム

ページトップ