SCORE CARDBACK NUMBER

大阪桐蔭だけじゃない! 近畿は今や“群雄割拠”。
~智弁学園・岡本ら好打者が続々~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/06/26 10:00

大阪桐蔭だけじゃない! 近畿は今や“群雄割拠”。~智弁学園・岡本ら好打者が続々~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

智弁学園の右スラッガー・岡本和真。高校球界屈指の“飛ばし屋”の憧れは中村剛也だという。

 '12年に藤浪晋太郎を擁する大阪桐蔭が春夏連覇する以前、近畿勢は宿敵の関東勢に押されていた。'07~'11年の5年間、近畿勢が夏の選手権でベスト4以上に進出したのは'08年の大阪桐蔭(優勝)と'10年の報徳学園(4強)だけなのに対し、関東勢は'08年の横浜(4強)、'10年の成田(4強)、東海大相模(準優勝)、'11年の作新学院(4強)、日大三(優勝)と5校を数える。

 それが2年前の大阪桐蔭連覇を経て、'14年春の選抜大会では、龍谷大平安が準々決勝で桐生第一、準決勝で佐野日大という躍進著しい北関東勢を撃破して決勝進出。別ブロックを勝ち抜いた履正社と35年ぶりの近畿決戦が実現された。結果、龍谷大平安が初の優勝を成し遂げたのは周知の通りだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、誇りを懸けて。

Sports Graphic Number 2014/6/30臨時増刊

日本代表、誇りを懸けて。

 

関連記事

岡本和真
大阪桐蔭高校
履正社高校
智弁学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ