SCORE CARDBACK NUMBER

「エディ・セッション」で
女子選手たちが学んだこと。
~ラグビー日本代表HCが直接指導~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/03/29 06:01

「エディ・セッション」で女子選手たちが学んだこと。~ラグビー日本代表HCが直接指導~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

突破を試みる山口を見守るエディHC。指導は当初90分間の予定だったが2時間を超えた。

「モンダイは? 何があった?」

 世界の名コーチに直接問い掛けられた若い女子選手たちは、最初は少し戸惑い気味に見えた。だが、「よくなった、上手ね!」と声をかけられながら練習が進むうち、表情にもプレーにも、自信が窺えるようになっていった。

 3月11日、横浜市保土ヶ谷区の横浜FCグラウンド。東日本大震災の犠牲者へ黙祷を捧げてから始められたラグビークリニックで、女子選手を相手に講師を務めたエディ・ジョーンズは、男子の日本代表を指導するときと同じように精力的に動き回り、選手に声をかけ続けた。

 このクリニックは、横浜を本拠地として活動する女子ラグビーチームTKM7(戸塚共立メディカルセブンズ)が主催し、首都圏の9チームから集結した32人の女子選手には、日本代表スコッドも18人含まれていた一方、中には初心者も。それでも練習はすべて相手をつけた実戦形式で行なわれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

山口真理恵
山沢拓也
松田力也
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ