SCORE CARDBACK NUMBER

藤田&小川が一騎打ち。
同世代の頂点は一人でいい。
~猪木イズムの同期、大晦日激突へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/11/19 06:00

藤田&小川が一騎打ち。同世代の頂点は一人でいい。~猪木イズムの同期、大晦日激突へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1年2カ月ぶりに来場した小川(右)が乱入し、リング上で藤田(左)と一触即発ムードとなった。

 久し振りに見たアントニオ猪木率いるIGFの試合は意外と新鮮で、思わぬセメント・マッチがあって結構楽しめた。10月16日、東京・水道橋の東京ドームシティホールで行なわれた「GENOME23」のことである。

 メーンはIGF王者・藤田和之VS.澤田敦士のノンタイトル戦。藤田が小川直也の弟子・澤田を1分19秒、右ストレート一発で撲殺する。直後、藤田はマイクを握るなり、「オイ、小川! 会場に来ているのはわかっているんだ。出てこい!」と絶叫。ざわめく観客席に緊張感が走った。

 おもむろに現れたスーツ姿の“暴走王”小川がリングに上がると、ロープを挟んで二人が睨み合う。そして藤田が「お前がダメだから、俺が(IGFに)呼ばれたんだよ。大晦日にケリをつけよう」と痛烈に批判。これで、大晦日に行なわれるIGF猪木祭り(両国国技館)での藤田VS.小川の初対決が決定的となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 526文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

藤田和之
澤田敦士
小川直也

プロレスの前後のコラム

ページトップ