SCORE CARDBACK NUMBER

シャラポワの前に立ちはだかる
時代の壁。
~女王復帰の条件とは?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/04/19 06:00

シャラポワの前に立ちはだかる時代の壁。~女王復帰の条件とは?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今年の全豪は初戦で敗退。シャラポワが4大大会の1回戦で負けたのは2003年の全仏以来

 テレビでマリア・シャラポワの姿を見る機会がめっきり少なくなった。日本のテレビ界だけでなく、ツアーでも存在感が薄れつつある。四大大会で活躍していないのと、故障がちでしばしばツアーを離れているからだ。

 1月の全豪オープンは1回戦敗退。昨年の四大大会も、全仏では8強に入ったが、ウィンブルドン2回戦、全米は3回戦と大会序盤で敗退している。この2月には米国・メンフィスの大会で優勝したものの、3月に右ひじを痛め、今のところ復帰のメドは立っていない。

 ケガが軽いものであってほしいと願うばかりだが、ひじが治っても復活への道は険しいものとなるだろう。最近のシャラポワは、相手の粘りや逆襲に苦しむ場面が増えているからだ。持ち前の強打がカウンターショットで切り返されてしまう。そうしてラリーが長引くうちに、足がバタバタしはじめ、ショットをミス。そんな場面を何度も見てきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Last SAMURAI of Formula 1可夢偉のすべて、琢磨のいま。

関連記事

マリア・シャラポワ

テニスの前後の記事

ページトップ