SCORE CARDBACK NUMBER

デビス杯圧勝の裏に見えた、
伊藤竜馬の課題。
~テニス界のホープは21歳~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAkio Matsumoto

posted2010/03/19 06:00

デビス杯圧勝の裏に見えた、伊藤竜馬の課題。~テニス界のホープは21歳~<Number Web> photograph by Akio Matsumoto

デビス杯直後、伊藤は自身のブログで「サーブの確率やリターンなど課題は沢山」と反省

 3月5日から大阪府門真市のなみはやドームで行なわれた国別対抗戦デビスカップで、日本はフィリピンに圧勝した。選手個々の実力や世界ランキングを見れば、日本の優位は動かないものと思われた。したがって、これは勝敗よりも内容の問われる試合だった。

 なかでも注目されたのは、昨シーズン終盤から世界ランクで国内男子のトップに立つ伊藤竜馬(3月8日現在、201位)の戦いぶりだった。昨年5月のウズベキスタン戦でデビス杯に初出場し、全米オープンでは予選3回戦に進出した、21歳の若きエースだ。

 初日の第1試合に登場した伊藤は、勝つには勝ったが、ランキング600位台の選手相手にフルセットの大苦戦。団体戦の重圧で本来の動きができず、「こんなに緊張したのは初めて。立ち上がりは体がロボットのようだった」と苦笑した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集日本サッカー マイ・ベストゲーム。

関連記事

伊藤竜馬

テニスの前後の記事

ページトップ