ベースボール・ダンディBACK NUMBER

国母“腰パン”騒動で考えた、
プロ野球におけるカッコ良さって? 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/02/23 10:30

国母“腰パン”騒動で考えた、プロ野球におけるカッコ良さって?<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

鈴木健と佐々岡真司の引退試合でとった行動の是非。

 '07年の鈴木健(ヤクルト)の引退試合、最後の打席。

 鈴木健の打った平凡なファールフライを、村田は捕球しなかった。わざとアウトにしなかった。この後、鈴木健はヒットを打ち、プロ生活最後の打席を飾る。

 これは正しかったのか? 正しくなかったのか?

 正しくはなかったかもしれないけど、拍手をしたい気持ちになった。ちょっとだけカッコよかった。

 同年、佐々岡真司(広島)の地元引退試合。

 村田は佐々岡に花を持たせることはせず、ホームランを打った。村田には本塁打王のタイトルがかかっていた。そして試合後、佐々岡に打ったことを謝罪した。

 これは正しかったのか? 正しくなかったのか?

 謝る必要はなかったようにも思うが、正しかったと思いたい。投手の最後の登板に対して真剣勝負で礼を尽くすことは、おきて破りではないはずだし、打者の最後のファールを捕球しない行為とは意味が違う。

本塁打王争い大詰めでの故意の三振はダンディズムゆえか。

 同年、対ヤクルトのペナント最終戦。村田はガイエルと本塁打王を争っていた。

 横浜はガイエルとの勝負を避け、第1打席から四球にする。これに対して村田は、打席でまったく打つ気を見せず、わざと三振する(わざとかどうか、村田は言葉にしていないが、見ればわかる)。自軍がライバルに勝負しないなら、自分も打つことはできない……そんな礼儀か、抗議か、打つ気を見せなかった。

 この日、村田は4打席4三振。ガイエルは4打席2四球。村田が1本差で本塁打王に輝く。

 これは正しかったのか? 正しくなかったのか?

 正しくはなかったかもしれないけど、カッコよかったと思う。この三振のダンディズムに比べれば、ヘアスタイルなど、たいした問題じゃない。

野球ファンにはもっと上から物を言う権利がある!

 腰パンの国母和宏を叩く意見に「税金が使われているんだから」という理由があった。

 JOC(日本オリンピック委員会)に費やされている国庫補助金は年間25~27億円程度である。国民1人あたりにすれば20円ちょっと。

 20円の出資でそれだけ物を言う権利があるならば、1試合2000~4000円のチケットを買っている野球ファンは、好きで買ってるとはいえ、その百倍、上から物を言っても許されるはずだ。あくまで金額上の話だが……。

 プロ野球における正しさ、カッコよさとは何か。それを個々があらためて定義してみるのも悪くない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

国母和宏
村田修一
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ