SCORE CARDBACK NUMBER

好調・川崎Fを支える、
中村憲剛の“無理”。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2006/05/08 00:00

好調・川崎Fを支える、中村憲剛の“無理”。<Number Web> photograph by AFLO

 Jリーグの試合を見ていると、もどかしさでイライラさせられることが少なくない。確かに、パスは何本もつながる。だが、それらは横方向や後ろ方向のものばかりで、どうやってボールを前に運び、点を取る気なのか、その意図が感じられないのである。

 攻撃を組み立てようとするとき、非常に重要なのが、ボランチに前方向の意識があるかどうか。そのためには当然、ときに“無理”もしなければならない。ボランチがボールの流れを横方向から前方向へ変え、しかもスピードアップできるチームの攻撃は、見ていて実に心地いい。

 J1で今、川崎が元気だ。8節終了時点で浦和、G大阪に次ぐ3位。特筆すべきは、その得点力の高さで、総得点25、得失点差プラス15は、東西の横綱を上回り、いずれもリーグトップである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力インタビュー W杯に誓う。 We've got to do it !
中村憲剛
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ