SCORE CARDBACK NUMBER

年末恒例、'06年シーズンベストドライバー大発表。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2007/01/11 00:00

 57年目の今シーズンは、F1史上に残る転換点の年として後々語り継がれていくだろう。新王者F・アロンソV2、F1ドライバー生活16年M・シューマッハー引退、39年ぶりホンダF1優勝、スーパーアグリ・チーム初参戦と、いくつもトピックスがあった。そこで今回は“ベストセレクション”を発表したい。

 まずはベスト10ドライバー。レースは結果がすべてではあるが、コースサイドで見た走り、パドックでの行動、チーム貢献度なども加味して選出した。FIA公式順位とトップ2人以外は大きく違う。

 アロンソの強さで際立つのは、全くドライビングミスがなかったこと。全18戦1137周のうち1108周を走破。リタイアはメカニカル・トラブル2戦だけだ。引退を決意したシューマッハーも彼らしいレースを最終250戦目まで貫いた。やや強引ともいえるタイムアタックが印象的だった。思い切りのいいブレーキングでBMWザウバー新人としてR・クビサは3戦目モンツァで表彰台3位に。ベストルーキーに挙げよう。東欧ポーランド初のF1ドライバーで、いまこの国は空前のF1ブームになっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 720文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

F1の前後の記事

ページトップ