SCORE CARDBACK NUMBER

34歳、杉山愛が挑む「勝負」の相手。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/07/30 06:00

34歳、杉山愛が挑む「勝負」の相手。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ウィンブルドンでは3回戦でダブルス・パートナーのハンチュコバに敗れるも笑顔で握手

 杉山愛がウィンブルドンで長いトンネルを抜けた。シーズン開幕直後の全豪では3回戦に進出したが、その後、ツアー8大会連続で1回戦負けを喫していた。全仏の1回戦で敗れた杉山は、疲れた表情でこう言った。「練習ではよくても、試合で力を出せない」。プレーの歯車がどこか狂っていたのだろう。

 9年間、二人三脚でやってきた母親の芙沙子コーチと離れ、元デ杯選手の寺地貴弘をコーチに迎えて心機一転で臨んだウィンブルドン。杉山は1回戦でシード選手のシュナイダー(スイス)を破る。個人戦では約5カ月ぶりの勝利だった。「やっと自分らしさが戻ってきてくれた」。ゲームセットのコールと同時に、うれし涙が溢れていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 649文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

杉山愛

テニスの前後のコラム

ページトップ