SCORE CARDBACK NUMBER

「大人」のサッカーを見せたA代表と…。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2004/11/04 00:00

「大人」のサッカーを見せたA代表と…。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 10月13日のW杯1次予選オマーン戦では、日本代表の成熟した試合運びが際立った。高い位置からの積極的な守備とスピーディーなカウンターを持ち味とする相手に対し、アウェーで「引き分け以上」という条件を満たして試合を終わらせるために何をすべきか。選手の一人ひとりが、それを十二分に理解し、実践できていた。

 とりわけ、中村俊輔のゲームコントロールは見事という一言に尽きる。見ている側が「今だ、パスを出せ」と思う瞬間があっても、確実なパスコースの確保と味方の十分なフォローアップがない時には、カウンターのリスクを考えてパスを出さない。そして、日本の攻撃のスピードダウンをとらえて相手がボールを奪いに出てくると、巧みなテクニックとボディーバランスを駆使してボールをスクリーンする。「速さ」を身上とする若いオマーン選手は粘り強く食い下がることができず、じれてファウルを犯す。リスタートとなったプレーは再び日本のポゼッションにつながり、オマーンのイライラは募っていく。決勝点は、その中村が「ここぞ」という瞬間に体を投げ出して送ったピンポイントパスで生まれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 481文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本シリーズ完全詳報Baseball 2004 Final

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ