SCORE CARDBACK NUMBER

半世紀ぶりに蘇ったビル・ラッセル伝説。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2009/03/12 00:00

 リアルタイムで現役時代を見ていないからか、ビル・ラッセルというと大きな声でよく笑う人という印象が強い。'50年代終盤から'60年代にかけて王朝を築いていたボストン・セルティックスの大黒柱。現役時代は競争心の塊のような選手だったらしいが、75歳の今ではすっかり好々爺。彼の「ウヒャ、ヒャッ、ヒャッ」という笑い声を聞くだけで訳もなく嬉しくなり、つられて笑ってしまう。現セルティックスのレイ・アレンが「あの笑いには伝染性がある」と描写していたが、まさに言い得て妙だ。

 そのラッセルが言葉を詰まらせ、大きな手で顔を覆っていた。NBAファイナルMVPを「ビル・ラッセル・NBAファイナルMVP賞」と呼ぶことになり、2月14日に発表記者会見が行われた、その冒頭でのことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 567文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[WBCプレビュー]日本野球の底力

Sports Graphic Number 724

[WBCプレビュー]
日本野球の底力

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ