SCORE CARDBACK NUMBER

女子バスケをロンドンへ。中川文一、10年ぶりの登板。 

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

posted2009/02/26 00:00

 中川文一が、10年ぶりに女子バスケット日本代表の指揮をとる。

 前回、中川が代表監督をつとめたのは、'90年から'99年までだった。'96年アトランタ五輪は7位入賞、'98年にはアジア選手権で中国、韓国らをおさえ優勝している。

 中川は復帰に際し、ことさら気負ってはいない。だが、きっぱりといった。

 「責任の重さは知っています。だけど、覚悟もなしにお受けする仕事じゃない。大きな目標に向け、全力をつくします」

 中川の経歴は圧倒的だ。'76年からシャンソン化粧品を率いてリーグ優勝14回、全日本総合選手権制覇10回を数えた。'04年に富士通へうつって、昨年チーム初のリーグ優勝に導き、昨季まで全日本総合選手権で3連覇を果たしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[チャンピオンズリーグ特集]攻撃者の美学。
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ