SCORE CARDBACK NUMBER

ニューヨーカーのPGが追放の末に選んだチーム。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2009/03/26 01:02

 ステフォン・マーブリーは、まさにニューヨーカーのイメージそのものだ。自尊心が強く、周りの評価を気にしないようなそぶりを見せながら、そんな自分を守るために虚勢を張って大口を叩く。そこまで突っ張って生きていくのは大変ではないかと思うのだが、それこそが、競争の激しい町で生まれ育つ間に身に着けたニューヨーカーの生存本能なのかもしれない。

 そんなマーブリーが、ついに故郷ニューヨークを出ることになった。いや、正確には追い出されることになった。

 '96年にNBA入りして以来、2シーズン半ごとにチームを転々としていたマーブリーは、5年前にニックスの一員としてニューヨークに戻ってきた。しかし、結果的には“故郷で錦”とはならなかった。実力がないわけではないのだが、チームの方針にあわずに昨季後半から戦力外扱い。今季に入ってからは、移籍先が見つかるまでチームを離れているように指示される始末だ。結局、2月末に両者合意のうえで解雇。地元ファンからもブーイングを浴びせられ、まさに追放されるようにニューヨークを出た。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 451文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界から見たJリーグJ.League, Yes or No

バスケットボールの前後の記事

ページトップ