著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

木崎伸也Shinya Kizaki

1975年1月3日、東京都出身。2002年W杯後にオランダへ移住し、'03年からドイツ在住。現地のフットボール熱をNumberほか多くの雑誌・新聞で伝えてきた。'09年2月1日には帰国し、海外での経験を活かした独自の視点で日本のサッカージャーナリズム界に新風を吹き込んでいる。著書に「2010年南アフリカW杯が危ない!」(角川SSC新書)、「サッカーの見方は1日で変えられる」(東洋経済新報社)、「世界は日本サッカーをどう報じたか」(KKベストセラーズ)がある。2012年9月に風間八宏氏との共著で「革命前夜」(カンゼン)を上梓した。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
風間八宏の革命はJを飛び越える。女子でも高校生でもサッカーは同じ。

JリーグPRESS

風間八宏の革命はJを飛び越える。
女子でも高校生でもサッカーは同じ。

「海外に行かないと、いい指導を受けられないというのでは情けない話。日本からもすごい選手が出て来るというのを見せたい」 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

2020/07/25

伊藤華英と『心を整える。』を読み直す。名著が覆したメンタルの常識

Sports Graphic Number Special

伊藤華英と『心を整える。』を読み直す。
名著が覆したメンタルの常識

メンタルは鋼のように強くあるべき――。そんな古い常識を覆したのが、2011年の東日本大震災直後に出版された、長谷部誠の『心を… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

有料

2020/07/24

前例なき五輪延期に立ち向かう、新たな出発本部と大会開催統括。

東京五輪仕事人

前例なき五輪延期に立ち向かう、
新たな出発本部と大会開催統括。

史上初の五輪延期を受け、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会は“新たな出発本部”を立ち上げた。森喜朗会長や武藤… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2020/07/13

本田圭佑が語る。カッコつける理由、「嫌なこともやる」、『自助論』。

Sports Graphic Number More

本田圭佑が語る。カッコつける理由、
「嫌なこともやる」、『自助論』。

「極端に言うと、僕の場合、無理をして先に人格を作っちゃうんですよね。ヒーローとしての人格を作って、普段からそう振る舞うよ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2020/06/21

本田圭佑を直撃取材。「中学から人生の逆算の方程式はできていた」

Sports Graphic Number More

本田圭佑を直撃取材。「中学から
人生の逆算の方程式はできていた」

「当時、ユースってプロに行ける可能性が低かったと思うんですよ。オレはプロになるという日標から逆算して、そのためには子供な… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2020/06/21

東京五輪が挑む史上最高の資源利用。国の民度は「ごみの扱い」でわかる?

東京五輪仕事人

東京五輪が挑む史上最高の資源利用。
国の民度は「ごみの扱い」でわかる?

【資源管理の責任者】「持続可能性」の尊重がうたわれる五輪憲章の下、東京2020は大会史上最高レベルの資源化に挑んでいる。1964… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2020/06/17

バイエルンが頼った敏腕スカウト。川田尚弘が日本で中高生を探す理由。

欧州サッカーPRESS

バイエルンが頼った敏腕スカウト。
川田尚弘が日本で中高生を探す理由。

「性格的にムラがあると日本では嫌がられますが、ドイツでは気の強さがプラスに作用するケースが多い。原口元気選手がいい例です… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2020/06/17

長谷部誠の心を読み解く8つの秘話。旧知の4人が教える天然エピソード。

Sports Graphic Number More

長谷部誠の心を読み解く8つの秘話。
旧知の4人が教える天然エピソード。

長谷部はただの真面目なキャプテンではない。ちょっと天然で、たまに勝負にこだわりすぎることもあるけれど、愛すべき不思議な魅… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2020/06/15

<智将の最強メソッド>風間八宏が考えるJの頂点。

Sports Graphic Number Special

<智将の最強メソッド>
風間八宏が考えるJの頂点。

風間が“Jリーグ歴代最強”に選んだのは、その真逆のスタイルだった。ギド・ブッフバルトがワシントン、ポンテ、闘莉王、三都主… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

有料

2020/06/14

オリンピック選手の公式服装を作る。紳士服のAOKIが込めた工夫と祈り。

東京五輪仕事人

オリンピック選手の公式服装を作る。
紳士服のAOKIが込めた工夫と祈り。

【日本代表選手の公式服装】オリンピック・パラリンピックの楽しみと言えば、開会式での各国選手団の服装チェックから始まるもの… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2020/05/15

<勝負強さの秘密に迫る>本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」

Sports Graphic Number Special

<勝負強さの秘密に迫る>
本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」

新天地をブラジルに定めた本田は、またしてもデビュー戦でゴールを決めた。重圧に結果で応える男はいまも健在――。W杯の舞台で4… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

有料

2020/04/20

国産バイクが五輪メダルをもたらす?世界が羨むブリヂストンの傑作。

東京五輪仕事人

国産バイクが五輪メダルをもたらす?
世界が羨むブリヂストンの傑作。

【トラックバイクの開発者】東京2020大会でメダル獲得を目指しているのは、アスリートや指導者、競技団体ばかりではない。大会で… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

自転車

2020/03/22

選手村の寝具がたどった進化の歴史。「もはやベッドはリカバリーの道具」

東京五輪仕事人

選手村の寝具がたどった進化の歴史。
「もはやベッドはリカバリーの道具」

【選手村の寝具】東京2020大会では、選手村を利用するアスリートたちにカスタマイズ可能な機能性寝具が用意されるという。競技者… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2020/02/23

パラリンピック支援の2つの目標。パラサポ・金子知史が目指すこと。

東京五輪仕事人

パラリンピック支援の2つの目標。
パラサポ・金子知史が目指すこと。

【パラスポーツ・サポート】パラリンピック競技団体の支援や普及活動は、東京2020を契機に大きく進展することが期待される。日本… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

パラスポーツ

2020/01/26

東京五輪のSNS運用を担当する、アイルランド出身のポールさん。

東京五輪仕事人

東京五輪のSNS運用を担当する、
アイルランド出身のポールさん。

【公式SNS担当】いまやテレビをしのぐ重要な情報源となっているSNS。東京2020組織委員会でも、各種サービスを通じ世界へ向け大会… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2019/12/16

五輪をスポンサー企業から見ると?コカ・コーラのGMが語るレガシー。

東京五輪仕事人

五輪をスポンサー企業から見ると?
コカ・コーラのGMが語るレガシー。

【大会スポンサー】オリンピック・パラリンピックの運営費の多くを賄うのが、テレビの放映権料と企業スポンサーからの協賛金だ。… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2019/11/25

東京五輪の難題・交通管理に挑む。国交省の“異才”は何を考えたか。

東京五輪仕事人

東京五輪の難題・交通管理に挑む。
国交省の“異才”は何を考えたか。

【輸送局長】延べ約1000万人が来場すると予想される東京2020で、気になるのがこの超過密都市の輸送体制だろう。重責を担う輸送局… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2019/10/23

「五輪のデザイン」を作るお仕事。日本の美意識を平安時代まで遡って。

東京五輪仕事人

「五輪のデザイン」を作るお仕事。
日本の美意識を平安時代まで遡って。

【デザインディレクター】オリンピック・パラリンピックの会場装飾や公式グッズなど、大会を印象づけるビジュアルは、同一の基本… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2019/09/17

東京五輪を内側から撮影する責任感。組織委員会フォトグラファーの仕事。

東京五輪仕事人

東京五輪を内側から撮影する責任感。
組織委員会フォトグラファーの仕事。

【組織委員会フォトグラファー】オリンピック・パラリンピックの準備が着々と進む中、当企画では今回から東京2020にかかわる仕事… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

その他スポーツ

2019/08/26

日本人設立の独クラブが5年連続昇格。岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。

欧州サッカーPRESS

日本人設立の独クラブが5年連続昇格。
岡崎慎司と滝川二先輩の下剋上物語。

2018-19シーズンのヨーロッパサッカー界において、最も活躍した日本人はアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠だろう。 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2019/07/09

ページトップ