記事に戻る

「テレビ生放送で落合博満がいきなり…」40歳落合の巨人FA移籍は事件だった…ナベツネが吠えた「ウチなら5億円出す」原辰徳は不快感「筋違い」

1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳)。このFA移籍は“事件”だった / photograph by Sankei Shimbun 長嶋茂雄監督と会見に臨む渡邉恒雄オーナー(1998年撮影、肩書はどちらも当時)。なお読売新聞社長だった渡邉は1996年から球団オーナーも務めるようになった ©JIJI PRESS 1992年10月に巨人監督に電撃復帰した長嶋。写真は翌93年の開幕戦(対ヤクルト)勝利の直後。ウィニングボールをスタンドへ ©BUNGEISHUNJU 1992年11月のドラフト会議。4球団競合した星稜高・松井秀喜を抽選で引き当て、思わず親指を立てる長嶋監督 ©JIJI PRESS 写真は1985年12月の結婚披露宴で。キャンドルに火をともすタキシード姿の落合博満と信子夫人 ©Sankei Shimbun 1985年10月、2度目の三冠王を達成し信子夫人と喜ぶ ©JIJI PRESS 1985年、当時1億5000万円と報じられた豪邸前で信子夫人と ©BUNGEISHUNJU 自宅でヨコになって寛ぐ落合博満(1987年撮影) ©BUNGEISHUNJU 落合博満にとって長嶋茂雄は憧れの人だった。写真は1991年2月、中日キャンプを訪れた長嶋と笑顔で話す落合 ©KYODO 長嶋茂雄監督と会見に臨む渡邉恒雄オーナー(1998年撮影、肩書はどちらも当時)。なお読売新聞社長だった渡邉は1996年から球団オーナーも務めるようになった ©JIJI PRESS 1994年2月の宮崎キャンプで。長嶋のノックを受ける背番号「60」の落合 ©JIJI PRESS 1994年2月の宮崎キャンプで ©BUNGEISHUNJU 1985年、86年と2年連続で三冠王になった落合とランディ・バースのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳)。このFA移籍は“事件”だった ©Sankei Shimbun ©BUNGEISHUNJU 1992年10月に巨人監督に電撃復帰した長嶋。写真は翌93年の開幕戦(対ヤクルト)勝利の直後。ウィニングボールをスタンドへ ©BUNGEISHUNJU 1992年11月のドラフト会議。4球団競合した星稜高・松井秀喜を抽選で引き当て、思わず親指を立てる長嶋監督 ©JIJI PRESS 1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳) ©JIJI PRESS 星野仙一さんとの対談での落合博満(1985年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1985年、江夏豊の引退式での落合博満 ©BUNGEISHUNJU 1987~93年シーズンまで中日に在籍。その間にリーグ優勝1回。本塁打王2回、打点王2回など多くの打撃タイトルを獲得 ©BUNGEISHUNJU 1992年10月、巨人の監督に電撃復帰した長嶋茂雄 ©BUNGEISHUNJU 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満 ©BUNGEISHUNJU ロッテ時代、1982年、85年、86年と三度の三冠王に輝いた落合 ©BUNGEISHUNJU ロッテ時代の落合(1979年~86年まで在籍した) ©BUNGEISHUNJU 落合のバット(1996年撮影)。シルエットは全体に細く、グリップの細さが特に目立ったという ©BUNGEISHUNJU 1990年のオールスターで西武時代の清原和博とのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1993年オフに、中日から巨人にFA移籍した落合。1996年まで3年間在籍した ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1986年オフにロッテから中日にトレードされた落合博満。1億3千万円(推定)でサインし、日本人選手初の1億円プレーヤーに ©KYODO 1987~93年シーズンまで中日に在籍。その間にリーグ優勝1回。本塁打王2回、打点王2回など多くの打撃タイトルを獲得 ©BUNGEISHUNJU

写真は1985年12月の結婚披露宴で。キャンドルに火をともすタキシード姿の落合博満と信子夫人 ©Sankei Shimbun

1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳)。このFA移籍は“事件”だった / photograph by Sankei Shimbun 長嶋茂雄監督と会見に臨む渡邉恒雄オーナー(1998年撮影、肩書はどちらも当時)。なお読売新聞社長だった渡邉は1996年から球団オーナーも務めるようになった ©JIJI PRESS 1992年10月に巨人監督に電撃復帰した長嶋。写真は翌93年の開幕戦(対ヤクルト)勝利の直後。ウィニングボールをスタンドへ ©BUNGEISHUNJU 1992年11月のドラフト会議。4球団競合した星稜高・松井秀喜を抽選で引き当て、思わず親指を立てる長嶋監督 ©JIJI PRESS 写真は1985年12月の結婚披露宴で。キャンドルに火をともすタキシード姿の落合博満と信子夫人 ©Sankei Shimbun 1985年10月、2度目の三冠王を達成し信子夫人と喜ぶ ©JIJI PRESS 1985年、当時1億5000万円と報じられた豪邸前で信子夫人と ©BUNGEISHUNJU 自宅でヨコになって寛ぐ落合博満(1987年撮影) ©BUNGEISHUNJU 落合博満にとって長嶋茂雄は憧れの人だった。写真は1991年2月、中日キャンプを訪れた長嶋と笑顔で話す落合 ©KYODO 長嶋茂雄監督と会見に臨む渡邉恒雄オーナー(1998年撮影、肩書はどちらも当時)。なお読売新聞社長だった渡邉は1996年から球団オーナーも務めるようになった ©JIJI PRESS 1994年2月の宮崎キャンプで。長嶋のノックを受ける背番号「60」の落合 ©JIJI PRESS 1994年2月の宮崎キャンプで ©BUNGEISHUNJU 1985年、86年と2年連続で三冠王になった落合とランディ・バースのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1985年、ランディ・バースとのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳)。このFA移籍は“事件”だった ©Sankei Shimbun ©BUNGEISHUNJU 1992年10月に巨人監督に電撃復帰した長嶋。写真は翌93年の開幕戦(対ヤクルト)勝利の直後。ウィニングボールをスタンドへ ©BUNGEISHUNJU 1992年11月のドラフト会議。4球団競合した星稜高・松井秀喜を抽選で引き当て、思わず親指を立てる長嶋監督 ©JIJI PRESS 1993年12月、年俸約4億円の2年契約で巨人入団を発表した落合博満(当時40歳) ©JIJI PRESS 星野仙一さんとの対談での落合博満(1985年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1985年、江夏豊の引退式での落合博満 ©BUNGEISHUNJU 1987~93年シーズンまで中日に在籍。その間にリーグ優勝1回。本塁打王2回、打点王2回など多くの打撃タイトルを獲得 ©BUNGEISHUNJU 1992年10月、巨人の監督に電撃復帰した長嶋茂雄 ©BUNGEISHUNJU 1987年のシーズン、ロッテから中日へ移籍した落合博満 ©BUNGEISHUNJU ロッテ時代、1982年、85年、86年と三度の三冠王に輝いた落合 ©BUNGEISHUNJU ロッテ時代の落合(1979年~86年まで在籍した) ©BUNGEISHUNJU 落合のバット(1996年撮影)。シルエットは全体に細く、グリップの細さが特に目立ったという ©BUNGEISHUNJU 1990年のオールスターで西武時代の清原和博とのツーショット ©BUNGEISHUNJU 1993年オフに、中日から巨人にFA移籍した落合。1996年まで3年間在籍した ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 中日時代(1987~93年まで在籍) ©BUNGEISHUNJU 1986年オフにロッテから中日にトレードされた落合博満。1億3千万円(推定)でサインし、日本人選手初の1億円プレーヤーに ©KYODO 1987~93年シーズンまで中日に在籍。その間にリーグ優勝1回。本塁打王2回、打点王2回など多くの打撃タイトルを獲得 ©BUNGEISHUNJU

ページトップ