サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

〈中村憲剛が招集メンバーを徹底分析〉久保と古橋、伊東もいない…日本代表は“強敵”サウジ&豪に勝てるのか? 

text by

中村憲剛+戸塚啓

中村憲剛+戸塚啓Kengo Nakamura + Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJMPA

posted2021/09/29 17:07

〈中村憲剛が招集メンバーを徹底分析〉久保と古橋、伊東もいない…日本代表は“強敵”サウジ&豪に勝てるのか?<Number Web> photograph by JMPA

10月のW杯最終予選(vsサウジアラビア、オーストラリア)に臨む日本代表メンバーが発表された

 日本代表のアジア最終予選の歴史を振り返ると、崖っぷちに立たされた局面ではみんなで一丸となってその難局を乗り越え、結果を残してきました。現在のチームにはキャプテンの吉田麻也、川島永嗣、長友佑都らの歴史を知る経験者がいます。日本代表として受け継がれるべきものは、いまのチームにも息づいていると信じています。

 僕自身は最終予選で先発したことも、ベンチスタートだったこともありました。どちらの立場でも気持ちは同じで、「チームのために結果を残す」ことだけを考え、毎試合自分の持っているもののすべてをぶつけてプレーをしていました。

「チーム全員が一丸となって戦わないと勝てません」

 現代サッカーはプレーモデルが確立されつつあり、ロジカルに勝敗が決まる試合が以前より増えてきた印象です。偶発的な展開は、起こりにくくなっています。しかし、それでも小さなことの積み重ねで勝敗が決まったり、偶発的なワンプレーで流れが変わったりすることは、丸いボールを足で扱うミスの起こりやすいスポーツである限り不変であり、最終予選はそのワンプレーが運命を大きく変える戦いでもあります。

 ですから、最終予選は一人ひとりが集中力を高くもってスキを作らず、チーム全員が一丸となって戦わないと勝てません。一人ひとりが自分の良さを出しつつ、チームに貢献するという、そのバランスをしっかり整えて、日本代表の勝利のために戦ってほしい。ここで期待を裏切るようなチームではないと、僕は信じています。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
森保一
吉田麻也
長友佑都
冨安健洋
守田英正
原口元気
伊東純也
鎌田大地
酒井宏樹
大迫勇也
南野拓実
柴崎岳
室屋成
オナイウ阿道
田中碧
橋岡大樹
堂安律
遠藤航
浅野拓磨
三好康児
板倉滉
植田直通
中山雄太
川島永嗣
権田修一
谷晃生
中村憲剛
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ