植田直通 

日本代表、最終予選をどう戦う「どこの国が怖い?」「日本が有利なことって?」“知っておくべき3つのポイント”

サッカー日本代表PRESS

日本代表、最終予選をどう戦う「どこの国が怖い?」「日本が有利なことって?」“知っておくべき3つのポイント”

W杯出場を争うライバルが決まった。カタールW杯アジア最終予選の組み合わせが7月1日に行なわれ、日本はオーストラリア、サウジア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/07/02

マンガみたいな久保建英の“4人股抜き弾”以外もアガる場面ばかり…  Jサポ視点で描く「代表戦イラストで振り返り」

JリーグPRESS

マンガみたいな久保建英の“4人股抜き弾”以外もアガる場面ばかり… Jサポ視点で描く「代表戦イラストで振り返り」

見ようと思えば24時間サッカー見られるんじゃないか? という幸せすぎる状態でしたが(笑)、今回はJサポ視点でA代表とU-24代表… 続きを読む

千田純生JUNSEI CHIDA

Jリーグ

2021/06/17

日本代表「前半に苦戦したのはなぜ」「猛アピールに成功した選手は?」セルビア戦で注目すべき“4つのポイント”

サッカー日本代表PRESS

日本代表「前半に苦戦したのはなぜ」「猛アピールに成功した選手は?」セルビア戦で注目すべき“4つのポイント”

これがワールドカップのグループステージだとしたら、1対0の勝利はひとまず評価されるだろう。そのうえで、得失点差を考えると2… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/12

U-24田中碧が流れを変えても「得点ゼロ」で日本代表に完敗…ガーナ戦で注目すべき“前線の核は誰になるか”問題

サッカー日本代表PRESS

U-24田中碧が流れを変えても「得点ゼロ」で日本代表に完敗…ガーナ戦で注目すべき“前線の核は誰になるか”問題

6月3日の札幌ドームで、日本代表対U-24日本代表の対戦が実現した。ジャマイカ代表の一部選手が決められた期日までに来日できず、… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/04

2020、希望のサムライブルー コロナ禍に挑んだオランダ遠征の舞台裏

Sports Graphic Number Special

2020、希望のサムライブルー コロナ禍に挑んだオランダ遠征の舞台裏

2020年、サッカー日本代表の招集は相次ぐ試合の中止により、なかなか叶わなかった。10月のW杯予選も延期となった時、日本サッカ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

有料

2021/01/29

大津→福岡大のサッカーエリートが陸上へ異例の競技転向「違う道もあるんだぞ」胸に響いた名将の言葉

“ユース教授”のサッカージャーナル

大津→福岡大のサッカーエリートが陸上へ異例の競技転向「違う道もあるんだぞ」胸に響いた名将の言葉

高校サッカー選手権予選が行われていた長崎を訪れた11月3日。取材を終え、何気になくテレビをつけると見覚えのある顔が映ってい… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2020/12/03

物足りない1-0だけど…森保Jで久保建英が見せた「サイドを選ばない2人」との化学反応

サッカー日本代表PRESS

物足りない1-0だけど…森保Jで久保建英が見せた「サイドを選ばない2人」との化学反応

彼らの力関係を考えれば、これぐらいやってもらわなければ困る。1対0の勝利では、率直に物足りない。それでも、11月13日のパナマ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/11/14

連係不足は“想定内” 19歳久保建英が森保Jで見せた「身体能力差を埋める」クレバーな技術

サッカー日本代表PRESS

連係不足は“想定内” 19歳久保建英が森保Jで見せた「身体能力差を埋める」クレバーな技術

身体能力に優れるアフリカ勢相手に見せたプレーを、中西哲生氏に解説してもらう。10代から久保を間近に見てきた中西氏は、久保の… 続きを読む

中西哲生+戸塚啓Tetsuo Nakanishi + Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/10/14

南野拓実、中島翔哉が聞いた大合唱。震災後のU-17W杯で体験した「世界」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

南野拓実、中島翔哉が聞いた大合唱。
震災後のU-17W杯で体験した「世界」。

「日本、大変なことになっているね。大丈夫なのか、家族は無事なのか」。2011年6月、メキシコ北部にあるモンテレイ市内を移動中… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2020/04/15

吉田麻也、昌子源だけじゃない。植田直通に芽生えたリーダーの自覚。

“ユース教授”のサッカージャーナル

吉田麻也、昌子源だけじゃない。
植田直通に芽生えたリーダーの自覚。

表情が柔らかくなった。キリンチャレンジカップのパラグアイ戦後のミックスゾーン。久しぶりに植田直通を取材して受けた印象だ。… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/09/07

南米在住記者からの“コパ通信簿”。久保、中島以外で通用したのは誰?

サッカー日本代表PRESS

南米在住記者からの“コパ通信簿”。
久保、中島以外で通用したのは誰?

若き日本代表の20年ぶり2度目の南米選手権(コパ・アメリカ)挑戦という冒険が終わった。ベストメンバーとはほど遠い急造チーム… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

サッカー日本代表

2019/06/30

福西崇史の「いいね!」は岡崎慎司。三好康児の大活躍に陰の貢献あり。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史の「いいね!」は岡崎慎司。
三好康児の大活躍に陰の貢献あり。

スコアの推移だけ見ると2度のリードを守れなかった、と捉えられるかもしれませんが、日本は90分間よく戦っていました。終盤は完… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

サッカー日本代表

2019/06/21

トルシエがチリ戦後に指摘した弱点。「ベルギー戦のラストを思い出す」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがチリ戦後に指摘した弱点。
「ベルギー戦のラストを思い出す」

「試合終了の1時間後に電話をくれ」事前にフィリップ・トルシエにはそう言われていた。ベトナム時間の午前9時、ヨーロッパ時間の… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2019/06/20

植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」

サッカー日本代表PRESS

植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。
「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」

眼光ギラリ、筋肉バキバキ、髪ツンツン。その見た目と、闘志むき出しで相手の攻撃をつぶすプレースタイルどおり。鹿島に入団した… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

サッカー日本代表

2019/06/12

川島、植田、柴崎、中島、岡崎……。彼らが東京五輪の“OA候補”な理由。

サッカー日本代表PRESS

川島、植田、柴崎、中島、岡崎……。
彼らが東京五輪の“OA候補”な理由。

先週、サッカー日本代表のメンバーが2日続けて発表されました。1つは親善試合トリニダード・トバゴ戦(6月5日、豊田スタジアム)… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2019/05/27

好調札幌のキーマン、FW鈴木武蔵。旧友と立った代表ピッチでも生き生き。

“ユース教授”のサッカージャーナル

好調札幌のキーマン、FW鈴木武蔵。
旧友と立った代表ピッチでも生き生き。

いまや森保ジャパンの主軸として期待される中島翔哉、南野拓実、室屋成、さらにはロシアW杯のメンバーとなった植田直通。この4人… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/03/26

鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。町田浩樹が追う昌子・植田の背中。

“ユース教授”のサッカージャーナル

鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。
町田浩樹が追う昌子・植田の背中。

「責任感」と「使命感」。 鹿島アントラーズの21歳、CB町田浩樹の口からは、このフレーズが何度も何度も出てきた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/03/05

関川郁万は、いかついけど“良い奴”。鹿島で昌子と植田を追い越せるか。

“ユース教授”のサッカージャーナル

関川郁万は、いかついけど“良い奴”。
鹿島で昌子と植田を追い越せるか。

リベンジは果たせなかった。流通経済大柏のCB関川郁万は、昨年度と同じく決勝の舞台で涙を飲んだ。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2019/01/17

昌子源の悔しさに学んだ高校3年生。“鹿島のCB”を背負う男、関川郁万。

“ユース教授”のサッカージャーナル

昌子源の悔しさに学んだ高校3年生。
“鹿島のCB”を背負う男、関川郁万。

8月下旬の猛暑の残る中、ある高校生に会うために千葉県にある流通経済大柏高校サッカー部グラウンドに足を運んだ。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2018/08/31

植田直通はベルギーの小クラブで初めて守りの文化を味わい成長中。

欧州サッカーPRESS

植田直通はベルギーの小クラブで
初めて守りの文化を味わい成長中。

同じヤン・ブレイデル・スタディオンを使用しているが、クラブ・ブルージュが2万8000人近い観客を集めるのに対し、セルクル・ブ… 続きを読む

中田徹Toru Nakata

海外サッカー

2018/08/21

1 2 3 NEXT >>

ページトップ