話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

オルンガはリーグ記録を更新するか。
圧倒的なスピード、そして緩急の妙。

posted2020/08/15 08:00

 
オルンガはリーグ記録を更新するか。圧倒的なスピード、そして緩急の妙。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

チームの総得点の半分を自ら決め、リーグランキングも独走するオルンガ。他チームはどんな対策を立ててくるだろうか。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 オルンガ(柏レイソル)にJ1の各チームが飲み込まれている。

 横浜F・マリノス戦、後半17分、松原健のミスを見逃さず、ボールをかっさらって、そのままゴールを決めた。

 これで5試合連続ゴールとなり、オルンガが得点を決めた試合は、開幕戦を含めて5勝1分で負け知らず。9試合10得点で得点ランキングのトップを走っている。

 ゴールへの強い意欲と決定力、それを実現する身体能力。オルンガには、ストライカーに必要なものすべてがそろっている。

 オルンガがこれだけゴールを決められるのは、もちろん仲間のアシストがあってのことだが、やはりピッチを駆ける圧倒的なスピードに目を奪われる。

 そのスピードをオルンガは、どうやって身につけたのだろうか。

名ランナーの産地ケニア出身。

 オルンガは、ケニア出身だ。

 ケニアは、エチオピアと並んで中長距離界で世界的なランナーを多数生んでいる。例えばマラソンではエリウド・キプチョゲが2018年のベルリンマラソンで2時間1分39秒という異次元の記録で、世界新記録をマークした。これは今も破られていない。

 以前、ケニア出身でロンドン五輪マラソン銅メダルのウィルソン・キプサングの練習を見たことがあるがスプリントも速かった。

 なぜ、マラソンもスプリントも速いのか。

「私たちは高地に住み、子供のころから悪路を何キロも歩いて学校に通っていた。日常生活から走るのに最適な体づくりができていたのです」

 キプサングは、ケニアの生活環境が自分の運動能力を育んだと語った。

【次ページ】 揺さぶりに強いのも特徴?

1 2 3 NEXT
オルンガ
柏レイソル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ