Number ExBACK NUMBER

青山敏弘と森保一が語る最強の広島。
現在も息づくサンフレッチェの伝統。

posted2020/06/13 11:45

 
青山敏弘と森保一が語る最強の広島。現在も息づくサンフレッチェの伝統。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

2015年、4年で3度目の優勝を飾る。攻守に奮闘した青山はリーグMVPも獲得。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 どれだけ強かったかは、数字を見ればよく分かる。

 2015年シーズンを制したサンフレッチェ広島。森保一監督体制4年目となったこの年、年間勝ち点74はJ歴代1位タイで、73得点30失点はいずれもこのシーズンにおいてトップの数字であった。何と得失点差は+43。続いて多い浦和レッズを14点も引き離している。

 ピッチ上でチームを取り仕切ったのが、キャプテンの青山敏弘である。中と思わせて外、外と思わせて中。攻では緩急をつけたパスを散らしながら、守では泥臭く体をぶつけながら、駆け引き上手の先頭に立っていた。

 欠場したのは累積警告による1試合のみで、33試合中32試合で90分間フルに戦っている。リーグMVPにも輝いた。こう記すと1年通しての充実があったと思われがちだ。しかし内実は、いや本人の感触はまったく違っていた。

 思ったように走れない、蹴れない。周囲には分かりにくい微妙な差なのかもしれないが、本調子に届いていないもどかしさはシーズン後半に入るまで続いていた。

自分が悪くても、チームが良ければ。

 人一番、責任感が強く、試合に懸ける思いが強く、森保いわく「それを溜め込んでしまうタイプ」。

 それまでの青山なら本調子に戻っていかないことを悩み、己を責めてもおかしくない。

 だがそうはならなかった。責任感の虫が多少動いたとしても、溜め込むまでにはなっていない。もどかしくとも、自分を抑えられた。それがシーズン終盤に入っての猛チャージを呼び込んだとも言える。

 青山はこう振り返る。

「あのシーズンは、チームとして強かったので、たとえ自分(の状態)が良くなくてもチームとして良ければ、何の問題もないなって思っていました。歯車の1つとして働きたかったし、むしろそれが何より大事だ、と。チームのなかで自分の強みが出せるという場面も“いつかは来るだろう”くらいの気持ちでしたね」

【次ページ】 佐藤寿人たちに吐露した胸の内。

1 2 3 4 NEXT
青山敏弘
森保一
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ