Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<Jひと筋ビッグ対談>
遠藤保仁×中村憲剛「僕らが衝撃を受けた最強チームを語ろう」

posted2020/06/12 08:00

 
<Jひと筋ビッグ対談>遠藤保仁×中村憲剛「僕らが衝撃を受けた最強チームを語ろう」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

かたや、歴代最多試合出場記録の更新目前。こなた、史上最年長MVPの記録保持者。
いずれ劣らぬJひと筋のバンディエラ。史上最強を論ずるにはこれ以上ない顔合わせ、名司令塔ふたりが選んだ意外? 納得? のベストチームは、果たしていずこ?(Number1004号掲載)

 ヤットとケンゴ、意外に共通項が多い。

 1980年生まれ、Jリーグひと筋、ケガの少なさ、ボランチ&トップ下、JリーグMVP、FKの名手、強引に見つけてみると「とんねるず」のファン……。遠藤保仁はガンバ大阪で20年目、中村憲剛は川崎フロンターレで18年目、クラブのバンディエラ(象徴)であり、攻撃サッカーを信条とするチームの司令塔でもある。

「J史上最強チーム」を語り合ってもらうには、うってつけのビッグ対談。これまた意外に? テレビや雑誌での“ツーショットトーク”は2回目だとか。

「ヤットさんと2人で話すのは今でも緊張する」とケンゴさん。自分の学年が1つ下ということが理由ではなく、どうも「出会い」に関係があるようだ。

 リモートによるJ最強トーク、いよいよキックオフといきましょう。

遠藤 憲剛、お久しぶり。ひざの具合はどうなの?(昨年11月に左ひざを負傷して手術、現在は復帰を目指してリハビリ中)

憲剛 こちらこそお久しぶりです。ひざはコロナの影響でクラブハウスに行くことができていないので、リハビリが思うように進んでいないところはありますね。ヤットさんは……変わらず元気そうですね(笑)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5370文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

遠藤保仁
中村憲剛
ガンバ大阪
川崎フロンターレ
ジュビロ磐田

Jリーグの前後のコラム

ページトップ